読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

カレーの保存方法を間違えると冬でも危険です!

      2015/11/29

カレーの保存方法を間違えると冬でも危険です!

カレーは一晩寝かせたほうが美味しいとよく言いますよね。

冬場はついつい常温で鍋のまま保存してしまいがちですが、その保存方法は危険なことがわかりました。

正しいカレーの保存方法って?常温が危険理由は?正しく保存して食中毒にならないよう注意しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

c9d401fe0018630436e79ea101e4debe_s
体調不良で会社をお休み。診断書の提出は就業規定を確認して!

ちょっとした風邪などで会社をお休みしたら診断書って必要?診断...

032d6994306d7f2f1ca0f5df87f15dff_s
【小学校一年生】勉強についていけないと感じた時!親のすべき事

小学校へ入学すると勉強の毎日が始まりますね。 一年生の...

b915f559b4dcb8999bf73c36b13394f8_s
ロキソニンを服用する時に胃薬は併用するべき?

効きすぎるロキソニン!飲む時に胃薬を併用しないと胃が痛くなる...

a9cf63c8a87d3774e077004d5531dd8d_s
マツエクのリペアする頻度は?マツエクを長持ちさせる秘訣!

女性のみなさんマツエクのリペアの頻度ってどのくらいのペースで...

6c994f81e824eeec524e5b56ffb98ee5_s
ピアスの穴が化膿!病院に行く?今すぐできる処置方法!

ピアスは幅広い世代から親しまれているファッションアイテムです...

e2ac1f73c9b511d62e53ed5084098857_s
【これだけは気を付けて】ネットで友達を作る時の注意点!

最近はネットの中で友達を作るということも当たり前になってきて...

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s
スーツの生地にポリエステル素材はやっぱり安っぽいか…

スーツの生地と言えば「ウール」ですよね。 でもお値段が...

a38c28c86303f2d8510ca5ea9ae83740_s
コバエを退治する方法!観葉植物をコバエから守ろう

インテリアとしておなじみの観葉植物。でも手入れが悪かったのか...

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s
インフルエンザの予防での注射は何故痛い?薬や点滴について

インフルエンザの予防注射は毎年行っていますか?注射をしてない...

afdf331666fc58faea317fdd71726f5d_s
解熱剤の座薬の目安や効き目の時間は?使用方法をご紹介します!

解熱剤で使う座薬は熱が、どのくらいになったら使用しますか? ...

3aa4686842f627da8aea70f6f9fbd88d_s
ライブ友達の作り方と注意点をご紹介します!

ライブってすごく盛り上がりますよね!初めて会う人ばっかりなの...

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s
バイトに応募、友達と一緒に面接を受けるのはやめた方が良いかも

バイトの募集に友達と一緒に面接行こうかな~と思っているあなた...

5f38e7fe232faa2779226413a52cbbce_s
コンタクトを外すと目が赤く充血!角膜を傷つけないケアの仕方

コンタクトを外す時、角膜が剥がれてしまったかも!?なんて事あ...

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s
一人称を名前で呼ぶ女性が自分の名前で呼んでしまう本当の理由!

一人称をついつい名前で呼んでしまう女性っていますよね! ...

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s
タイルの風呂ってとにかく寒い!今すぐ実践できる寒さ対策

タイルのお風呂って断熱材が入っていないことがほとんどなので冬...

79ba6f71fc6b0b167d0ec1a3f49d05c3_s
カエルの鳴き声は田舎ではよくあること?鳴き声のワケとは

田舎に行くとカエルの鳴き声がよく聞こえますが、これには何か理...

beece5017e42fbc29ea2ee7462f9fe94_s
ブリーチ後に頭皮がかさぶたになるのは大ダメージを受けた証拠!

おしゃれで髪をブリーチする人はたくさんいますが、ブリーチをし...

065dd9c6960cb633311a0e3b9d28b9ac_s
バイトがストレス・・・辞めたいときの対処方法についてご紹介

バイトのストレスはいったいどうしたらいいのでしょうか? ...

517eea4575f3ec5e48562d29c89e0188_s
クリーニングで弁償してもらえるものとは?紛失してしまう原因

クリーニングに弁償してもらえるのはいったいどんなときなのでし...

619411
bcgの翌日の跡はどうなっているのが正常?コッホ反応について

bcgは翌日にどんな跡になれば大丈夫なの?こんな反応が出た場...

スポンサーリンク

カレーの保存方法は冬だったら常温でも大丈夫?

家庭で作るカレーの賞味期限・夏と冬の常温では?

まずは、カレーを作って のまま台所に置いておく場合の賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

などは、特にそのまま置いている主婦の方も多いかもしれませんね。

実は、常温では菌が繁殖しやすいため、冬でもあまりおすすめできないのです。

ですが、どうしても冷蔵庫には入らないなど、常温で置いておきたい場合もありますよね。

その際は、まずは一度しっかり温め、カレーが完全に冷めるまで蓋を外しておきましょう。

密封していると、中が蒸れて菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

蓋を開けておくのが心配な方は、少しずらしておくだけでもOKですよ。

しかし、それでも常温の賞味期限は1日ほどしかありません。

通常、2~3日ほど食べ続ける人も多いですが、意外と短いですね。

食中毒を予防するためには、せめて翌日までには食べ切ったほうが良さそうです

引用元-家庭で作るカレーの賞味期限!夏と冬の常温では?市販のレトルトは?

カレーが余ったときの保存方法は冬なら常温?やっぱり冷蔵庫?

カレーやシチューなどは、ドロッとしているので、外側が冷めていても、中はなかなか冷めにくいもの。

そうすると、中のほうは長時間熱がこもった状態になり、菌が増殖してしまいます。

ポイントは、『短時間で冷ます』こと。

カレーが残ったときには、できるだけ平らで広い器に薄く広げて粗熱をとり、冷蔵庫に入れましょう」

鍋のまま冷蔵庫に……という場も、「必ず薄く広げて短時間で冷ますこと」が重要だそう。

ところで、「夏は冷蔵保存するけど、冬なら常温保存で大丈夫」と思う人も多いかもしれないが……。

「キッチンとリビングが続いている家が多いので、冬でもキッチンの室温は高くなりがちです。

冬でも冷蔵保存したほうが良いですよ」

特に夏場は、足がはやい食品「じゃがいも」を入れない、なども1つの方法だとか。

引用元-カレーが余ったときの保存方法、どうしてる? – Excite Bit コネタ(2/2)

冬でもカレーの保存方法は常温にしない方がいい

カレーの常温保存は、菌の繁殖を招くので、冬であっても基本的にはしない方が良いでしょう。

しかし、どうしても常温で保存しなければならない状態もあるかと思います。

その場合は、一度カレーを加熱します。

カレーが冷めるまで蓋をせずに置いておきます。

冷めたら、ふたをして常温で保存します。

蓋を取った状態で置くのが気になる様でしたら、蓋をずらした状態で被せておくと良いでしょう。

また、保存する場所は、冷暗所が良いでしょう。

・こまめに加熱が重要!

朝や晩など1日に2回(できれば3回)、しっかりと中まで火が通るように加熱してください。

その時にかき混ぜて全体に火が行き届くようにしましょう。

食べる前にもしっかりと全体を加熱して食べてください。

引用元-カレーの保存方法と賞味期限は? | 保存方法まとめ隊

カレーの保存方法などを怠ると冬でも食中毒になる場合が・・・

★食中毒を防ぐカレーの保存方法

 →鍋の状態で冷やさず、浅く平たい器に小分けして早めに粗熱を取る

 →保存したカレーを食べる前にはもう一度じっくり煮込む。かき混ぜながらねつを加えると酸素に触れて死滅しやすい

≫ 作ったカレーを鍋に入れたまま置き、翌日に食べる……味が深まって美味しいものですが、この2日目のカレーが原因で食中毒を起こすことがあるそうです。

下痢や腹痛など症状は比較的軽いといいますが、それでもこの暑い時期に食中毒に罹り、体力を消耗させることは避けたいもの。

ウェルシュ菌はなぜ常温保存したカレーで増殖するか。ニンジンやジャガイモ、肉などから混入するウェルシュ菌は、加熱調理によって芽胞になり休眠。

常温の状態で芽胞が目覚め、カレーを作って6時間以上たつと、食中毒を起こすレベルの数まで増殖する可能性があるそうです。

朝作ってそのまま置いておき、「夜食べてね」という”お留守番ごはん”にカレーを作っている人は、保存法に要注意ですね。

カレーは作りたての時に保存容器に広げて素早く粗熱を取り、冷蔵保存。再び温めるときは、良くかき混ぜて酸素に触れさせながら、じっくり煮込み直すことがポイントだそうです。

カレーだけでなく、肉じゃがなども同様に注意した方が良いのかもしれません。

引用元-2日目のカレーはグツグツ煮込んで食中毒を予防

カレーの保存方法は正しく!でも一晩たったカレーって本当に美味しい?

カレーの常温保存が良くない、ということは分かりましたが「カレーを一晩寝かせると美味しくなる」という理由から、あえて時間をおいてから食べる人もいるかと思います。

常識のようになっている「寝かせると美味しくなる説」ですが、そもそもそのように言われているのはなぜなのでしょう?

「作りたての状態から時間が経つと、使われている具材の旨み(アミノ酸)や甘み(糖分)がカレーソースに溶け出し、それがカレーのまろやかさやコク、旨味を生み出すためだと考えられます。

また、肉や野菜に含まれるタンパク質は分解が進むと、『イノシン酸』や『グルタミン酸』など旨味のもととなるアミノ酸へと変化します。

それらが、カレーのマイルドさを引き立てるのでしょう」

へー! 美味しいと言われるにはちゃんと理屈があったんですね!

「ただし、スパイスの『香り成分』は、長時間の加熱によって揮発してしまいます。

そうすると風味や香りはなくなってしまうため、これを残念に感じる方もいるでしょう。

『一晩寝かせると美味しくなる』というのは、マイルドなカレーを好む日本人ならではの味覚にまつわる話かもしれませんね」

なるほど。当然、味の好みは人によって違うわけだから「時間をおいたカレーがベスト」とは必ずしも言い切れないのかも。

ただ、どのみち作り置きをするにしても常温では良くないわけですよね。

引用元-加熱しても食中毒に!? カレーの常温保存が危険なワケ「ウェルシュ菌は熱で死滅しない」「密封→急速冷凍が◎」 | 「マイナビウーマン」

冬はカレー以外でも保存方法を間違えると腐る!鍋が腐る原因とは

鍋が腐る理由は、鍋の中に潜む雑菌(細菌)が増殖する事によって起こります。

細菌が住みやすい環境や繁殖しやすい環境を作ってしまう事により短時間で雑菌(細菌)一気に増えてしまい食べれるレベルでは無くなってしまうのです。

ですから、作り過ぎてしまった鍋(鍋料理)を少しでも長い期間に分けて食べる場合には、この雑菌(細菌)の増殖を極力減らす(増やさせない)事が大事になります。

雑菌(細菌)や食中毒菌が増える条件は、

「栄養分」「温度」「湿度」の3つが必要になります。

この中でも温度が特に重要です。

雑菌(細菌)は、10℃以下になると増殖が低下したり、もっと低い温度になれば増殖する事がなくなります。

逆に、菌の一番増殖する温度は35℃前後です、夏場はもちろん35℃になりやすいので、菌の増殖がもっとも増える環境になります。

だからといって、冬が安心できると言う訳ではありません。

冬は、温度が低いため、夏ほど菌が増殖しやすい環境にはなりずらいですが、鍋料理の場合は、こたつの上で食べたり、温かい部屋で食べたりすることがあり、そのまま放置してしまうと雑菌(細菌)の増殖しやすい環境が出来上がってしまいます。

冬だから日持ちするよ!と軽視せずしっかりした保存方法をして、作り過ぎてしまった鍋を分けて食べたいものです。

引用元-鍋は冬でも腐る!鍋料理を腐らせない5つのポイント | 雑学の駅

twitterの反応


https://twitter.com/2r87wjbw3/status/649015537335300097
https://twitter.com/okkochaan3/status/648271816444637184


https://twitter.com/GoLuddite/status/647570797742002177

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ