読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

子どもの虫歯の原因と対処法・・・しっかり理解しよう!

      2015/11/20

子どもの虫歯の原因と対処法・・・しっかり理解しよう!

子どもの虫歯の原因はいろいろあるけど、実は親の虫歯菌がうつるという説も。

甘いもので虫歯なるだけじゃない意外な原因も?

子どもの虫歯の原因とその対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

c9d401fe0018630436e79ea101e4debe_s
体調不良で会社をお休み。診断書の提出は就業規定を確認して!

ちょっとした風邪などで会社をお休みしたら診断書って必要?診断...

032d6994306d7f2f1ca0f5df87f15dff_s
【小学校一年生】勉強についていけないと感じた時!親のすべき事

小学校へ入学すると勉強の毎日が始まりますね。 一年生の...

b915f559b4dcb8999bf73c36b13394f8_s
ロキソニンを服用する時に胃薬は併用するべき?

効きすぎるロキソニン!飲む時に胃薬を併用しないと胃が痛くなる...

a9cf63c8a87d3774e077004d5531dd8d_s
マツエクのリペアする頻度は?マツエクを長持ちさせる秘訣!

女性のみなさんマツエクのリペアの頻度ってどのくらいのペースで...

6c994f81e824eeec524e5b56ffb98ee5_s
ピアスの穴が化膿!病院に行く?今すぐできる処置方法!

ピアスは幅広い世代から親しまれているファッションアイテムです...

e2ac1f73c9b511d62e53ed5084098857_s
【これだけは気を付けて】ネットで友達を作る時の注意点!

最近はネットの中で友達を作るということも当たり前になってきて...

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s
スーツの生地にポリエステル素材はやっぱり安っぽいか…

スーツの生地と言えば「ウール」ですよね。 でもお値段が...

a38c28c86303f2d8510ca5ea9ae83740_s
コバエを退治する方法!観葉植物をコバエから守ろう

インテリアとしておなじみの観葉植物。でも手入れが悪かったのか...

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s
インフルエンザの予防での注射は何故痛い?薬や点滴について

インフルエンザの予防注射は毎年行っていますか?注射をしてない...

afdf331666fc58faea317fdd71726f5d_s
解熱剤の座薬の目安や効き目の時間は?使用方法をご紹介します!

解熱剤で使う座薬は熱が、どのくらいになったら使用しますか? ...

3aa4686842f627da8aea70f6f9fbd88d_s
ライブ友達の作り方と注意点をご紹介します!

ライブってすごく盛り上がりますよね!初めて会う人ばっかりなの...

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s
バイトに応募、友達と一緒に面接を受けるのはやめた方が良いかも

バイトの募集に友達と一緒に面接行こうかな~と思っているあなた...

5f38e7fe232faa2779226413a52cbbce_s
コンタクトを外すと目が赤く充血!角膜を傷つけないケアの仕方

コンタクトを外す時、角膜が剥がれてしまったかも!?なんて事あ...

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s
一人称を名前で呼ぶ女性が自分の名前で呼んでしまう本当の理由!

一人称をついつい名前で呼んでしまう女性っていますよね! ...

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s
タイルの風呂ってとにかく寒い!今すぐ実践できる寒さ対策

タイルのお風呂って断熱材が入っていないことがほとんどなので冬...

79ba6f71fc6b0b167d0ec1a3f49d05c3_s
カエルの鳴き声は田舎ではよくあること?鳴き声のワケとは

田舎に行くとカエルの鳴き声がよく聞こえますが、これには何か理...

beece5017e42fbc29ea2ee7462f9fe94_s
ブリーチ後に頭皮がかさぶたになるのは大ダメージを受けた証拠!

おしゃれで髪をブリーチする人はたくさんいますが、ブリーチをし...

065dd9c6960cb633311a0e3b9d28b9ac_s
バイトがストレス・・・辞めたいときの対処方法についてご紹介

バイトのストレスはいったいどうしたらいいのでしょうか? ...

517eea4575f3ec5e48562d29c89e0188_s
クリーニングで弁償してもらえるものとは?紛失してしまう原因

クリーニングに弁償してもらえるのはいったいどんなときなのでし...

619411
bcgの翌日の跡はどうなっているのが正常?コッホ反応について

bcgは翌日にどんな跡になれば大丈夫なの?こんな反応が出た場...

スポンサーリンク

子どもの虫歯の原因は親の虫歯菌?

子供の虫歯。親としては、できれば子供に経験させたくありませんね。

そのために小さい子供には歯磨きをしてあげたり、正しい歯の磨き方を教えてあげたりしていることでしょう。

しかし、その前に大切なのが親の口腔内ケア。親の虫歯菌が子供にうつってしまうことがあるためです。

かわいい子供に思わずキスをしたり、食べ物をお母さんやお父さんが咀嚼をして子供に食べさせている方もいるかもしれません。

目に入れても痛くないほどかわいい自分の子供に行うこれらの愛情表現が、ショッキングなことに子供の虫歯の原因となることがあります。

虫歯は、口の中に棲んでいる虫歯菌がチョコレートやジュースなどに含まれている糖をエサにして酸を作り出し、歯を溶かすことで起こります。

この虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在していません。お母さんやお父さんのだ液を介して、虫歯菌が子供の口に入ってしまうのです。

引用元-知られざる子供の虫歯原因

子どもの虫歯の原因は【酸】

虫歯になってしまうのは、酸が歯を溶かしてしまうからです。

通常、お口の中は中性で、この状態だと虫歯にはならないのですが、食べ物を摂取するとお口の中にいる虫歯菌が糖分を栄養にして増殖し、代わりに排泄物として酸を吐き出すため、お口の中は酸性に変化します。

酸が増えると、歯を作っているカルシウムやリンが溶け出す脱灰という現象が起こり、脱灰が進めば歯に穴が空いてしまって虫歯になるのです。

食後40分ほどかけて、唾液の成分が酸を打ち消し、元の中性の状態に戻してくれます。

この時、溶け出てしまった唾液中のカルシウムなども再び歯の表面にくっついて、歯は修復されます。

これを再石灰化というのですが、お口の中では食事の度に「歯が溶ける(脱灰)」「修復される(再石灰化)」という現象が繰り返されているのです。

引用元-虫歯菌から大切な子供の歯を守る小児予防歯科 規則正しい食生活とキシリトール・リカルデント・フッ素の活用 託児所を完備|ひまわり歯科|院長 岡本佳明 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

子どもの虫歯の第一の原因はやっぱり糖分?

虫歯の第一の原因は炭水化物を含む糖分です。

特に砂糖です。

ほとんどのお子さんは甘いものが好きだと思います。

いまの時代、甘いものが好きでないというお子さんを探すほうが難しい状態です。

しかし、どうして甘いものが歯に悪いのでしょうか?

それは、甘いものが虫歯の原因菌といわれているミユータンス薗の食べ物だからです。

お子さんが甘いものを食べたとします。

するとすぐ、お口のなかにいるミユータンス菌などがその甘い物を食べます。

すると、あっという間に、これらの菌が糖を代謝してその排泄物(おしっこ、うんこ)として、酸(おもに乳酸)をロの中に出してきます。

この酸が歯に接触して歯を溶かしていく——これが虫歯です。

ですから、意外でしょうが、歯の中で「虫歯のなりかけ」の場所は、歯が黒くなったり茶色くなったり穴があいたりするのではなく、白っぽくなります。

引用元-虫歯の原因 島根県松江市の小児歯科に特化した「子供のための歯科医院」

子どもの乳歯の虫歯について母親が知っておくことは?

1-1.歯と歯の間にできやすこと

乳歯の虫歯がよくできるところは、奥歯の歯と歯の間で、見た目にはよくわかりづらく、虫歯が進行しても気づくのが遅れ、突然穴が開いてしまいます。

奥歯の歯と歯の間は詰まっているので、デンタルフロスを使わないと汚れが残ってしまいます。

歯医者でレントゲンを撮って初めて気づくことも多いのです。

1-2.乳歯の虫歯は黒ではなく白いこと

乳歯の虫歯は大人の虫歯のように黒ではなく、白いことが多く虫歯になっても気づかず進行してしまいます。

黒い虫歯はゆっくりと進行する虫歯で、白い虫歯は早く進行する虫歯です。乳歯は歯がやわらかいので早く進行する白い虫歯が多いのです。

1-3.痛みが出にくいので虫歯の進行に気づきにくいこと

子供はまだ痛みの感覚が発達しておらず、痛みがあっても気づきにくいので虫歯が大きく進行してしまうことが多いのです。

虫歯の痛みで感じるよりも、虫歯で穴が開いて、そこに食べカスが詰まって歯ぐきが腫れていたい場合が多いのです。

痛みは出たり、引いたりしますので、子供が痛いと言っても、次の日には治ってしまい、見過ごされてしまうことがあります。

食べ方や仕上げ磨きの時に小さな変化を見逃さずに、観察してあげることです。

引用元-乳歯の虫歯について母親が知っておかなければいけない6つのこと

子どもの虫歯予防に大切なのは《正しい食生活》

健康な歯を育てるためには、よく噛むことが大切です。

できるだけたくさんの食材をよく噛んで食べることで、あごがしっかりと発育し、歯並びや噛み合わせもよくなります。

また、糖分は虫歯の元になりますので、おやつの中身は吟味したいですよね。

歯にとってNGな習慣と心がけたい習慣をまとめましたので、ぜひ実践してみてください。

寝る前に白湯やお茶を飲ませるようにすると、虫歯予防に効果的ですよ。

NG習慣

・ジュース、乳酸菌飲料、スポーツドリンクをよく飲む

・だらだらと「ながら食い」をする

・砂糖の多いものを食べる

・歯にくっつきやすいおやつを食べる(アメ、キャラメルなど)

心がけたい習慣

・ごはんやおやつを食べる時間を決めて、規則正しい食生活を送る

・食べ物をお茶、お水、牛乳などの飲み物と一緒に食べる

・おやつにナッツ、野菜、チーズなどを食べる

・食後30分以内に歯磨きをする

引用元-子供の虫歯予防のために、親が知っておきたい5つのポイント – こそだてハック

子どもの虫歯の原因と対処法のまとめ

1)甘いもの→虫歯

子供の味覚の変化も、成長段階では欠かせない特徴です。

赤ちゃんのうちは、ミルクだけだったのが、それから少しずつ食事をするように進んで行きます。

そのうち、おやつ等の甘いもの味覚も感知して行くと食べる機会が増え、甘いものが食べたいという欲求が出てきます。その時は、注意が必要ですね。

甘いものを口に入れる頻度が高いと、虫歯も出来やすくなってしまいます。

食事やおやつの時間をしっかりと決めておくようにしましょう。

2)遺伝的に歯が弱い

歯も身体の一部ですので、毎日、歯の手入れを欠かさない、定期的に歯医者で検診を受けるなどをしていても、遺伝で虫歯になりやすいのです。

ただ、生活習慣を見直すことで虫歯を作りにくい口内環境を作ってあげることは可能です。

正しいデンタルケアを小さい時から教えてあげるようにしましょう。

引用元-子供の虫歯を見分けよう!7つの原因と対策とは?| いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~

twitterの反応

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ