読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

ドラムのリズムキープは左足でリズムを上手くとる!

      2015/11/14

ドラムのリズムキープは左足でリズムを上手くとる!

ドラムの演奏中に小刻みに左足を動かすことを「ゴーストモーション」というそうです。

リズムキープの足癖のようなもののようですが、これによってリズムを安定させる効果もあるとのこと。

これを体得したらプレイも広がる!?その練習方法などをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

no image
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

no image
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

no image
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

no image
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

no image
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

no image
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

no image
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

no image
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

no image
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

no image
【男性必見】彼女の母親に会う時に気を付ける事!

男性のみなさんは、彼女の母親に会う時に心がけている事はありま...

no image
小麦色の肌の男はモテる!?色白男性が日焼けする方法を調査

色白なことをコンプレックスに思っている男性は多いそうです。 ...

1699ef674da1db77a0454898e2a888bb_s
足の爪にある黒いモノに注意!それって皮膚ガンかもしれない!

「メラノーマ」あまり聞いたことがない名前ですよね!足の爪や足...

b31eaf0baaf6d27256283d1ef3976843_s
子供の怪我。指を切る怪我をした時の対処法!

もし子供が怪我したら慌てしまい何をしたらいいの?パニックにな...

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_s
共働きの子育ては子供が愛情不足になる?そうならない為の注意点

共働きだと子供が愛情不足になる?それってホント? 近頃...

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s
メールが苦手な人必見!メールが苦手な理由と克服する方法

メールが苦手なのを克服したいとお悩みの方はいませんか? ...

55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s
お通夜等に参列する時に適した子供の服装マナーについて紹介!

子供が着ていくお通夜・お葬式に適した服装選びのポイントは? ...

616350
就活に失敗!?安易な気持ちで大学院に進学すると後悔する

大学生が就活に失敗すると大学院進学することも選択肢の1つに思...

256089
彼女が他の男を電話するのは許せない!浮気かどうかをチェック!

彼女が男友達と電話してる・・・彼氏のあなたは許せますか? ...

626664
赤ちゃんの唇が切れた…乾燥が原因の場合とケガの場合の対処法!

赤ちゃんの唇が切れた…どうしたらいい? 乾燥して切れた...

スポンサーリンク

ドラムのリズムキープ、左足でリズムをとるには?

 ドラマーが演奏中に小刻みに動かしている左足(ハイハット側)の動きのことを【ゴーストモーション】といいます。

【リズムのキープ】や、【リズムのニュアンス・グルーヴの変化】などに効果が期待されるテクニックです。見た目もなんだかいい感じなので、ちょっと上手に見えたり、かっこよく見えたりもしますよね(^-^)

 ドラマーさんによって意図的に行っていることもあれば、無意識に行っていることもあるので、それぞれどのような目的で行っているかは人それぞれです。

しかし、共通して言えることはただ単に動かせば良いということではなく、【リズムに合って動いている】ということです(・_・)/

よくある動かし方は3つ!

 8分(踏み)

 4分(踏み)

 8分ウラ(踏み)   です。

たとえば

8分はリズムキープの他に、ツーバスなどで行う左足の動きの基礎運動に。

4分はリズムキープの他に、手でHHを8分ウラで叩けばHHのウラ打ちオープンが出来るようになります。

8分ウラはリズムキープの他に、リズムのウラを感じる力なども向上します。

まずはやりやすいものから(オススメは動画でも紹介している8分踏みです)

余裕のある方は今現在、自分で演奏出来るリズムパターン・コンビネーション・フィルインを演奏しながら3つのゴーストモーションが出来るように練習を積み重ねていってください(^-^)

引用元-ガンガンいこーぜ!: ★ドラムレッスン★左足でリズムをとろう!

ドラムのリズムキープ、左足を動かすことでリズムに安定感がでる

これが簡単にできれば苦労しないって話になるのですが、左足(ハイハットの方)で”ゴーストモーション”と言うものを取り入れることです。

”ゴーストモーション”とは、演奏に直接関係のないリズムキープのための足癖のようなものです。

ドラマーがハイハット側を貧乏揺すりのように動かしているのを見たことはありませんか?

あれは、ハイハットを足で鳴らすために動かしているのではなく(もちろん故意でハイハットの音を鳴らす時もあります)足を動かすことによって4分音符や8分音符などを体感させてリズムを安定させているのです。

しかしこれは、右手左手、右足だけでのプレイ+左足の動きが組み合わさるので4wayという難しい奏法の部類に入ります。

当然、今までできていた曲なども、ゴーストモーションを取り入れてみよう!!と言っても簡単にはできるものではありません。

しかし、これをしっかり練習して体得したら、リズム感が安定するだけでなく、4way(両手両足を使ったプレイ)を取り入れたプレイにも広がりますよ。

まずは簡単な8ビートに、左足で4分や8分をいれてみてバスドラのパターンとどんなふうに組み合わさるのか、じっくり練習しましょう。わかりやすくハイハットを鳴らしてみてもいいです。

引用元-ドラムのリズム感向上のポイント | ドラムの練習に活かす【DrummersLife】

ドラム練習は左足によるリズムキープで!

体のどこかを揺らしてリズムを取る

今まで練習してきた中で特に有効であると思われた方法として、「左足を小刻みに揺らしてリズムを取る」というのがあります。

ドラムを始めたての頃は、動かさなくてはいけない手や足にばかり意識が集中して しまい、全体のバランスなどを考える余裕はほとんどなく、リズムキープの方法 などまったくわからずに毎夜枕を濡らしたものでした。

そんなときに知ったのが「左足を小刻みに揺らしてリズムを取る」という方法でした。

最初はまったく実践できずにイライラしますが、簡単な8ビートから右手に合わせて 左足を揺らすように練習していき、フィルなどの間も左足の揺れが乱れないように 意識します。

慣れれば驚くほどリズムの流れが読める・・・と言うほど大それたものではありません が、今までより格段にリズムを楽しめるようになるはずです。

左足でリズムを取るのが一番お薦めですが、左足の他にも「頭」、「腰(丹田)」、 「胸」でリズムを取る方もいらっしゃるようです。 

引用元-リズム感

ドラムのリズムキープ、左足のハットに関して

バンド演奏の中で右手でライドを刻む時や、タム回しが基本リズムに入ってるジャングルグルーブと一般的に言われるリズムを叩いてる時は、4分でハイハットを踏んで、リズムキープをするのが理想的らしいです。

またJazzでは4分で「かかと、つま先、かかと、つま先...」と踏んで装飾音を狙う事がよくあります。

この時はキッチリと踏むのではなく、左足の裏を半円に見立ててハイハットのペダルの上を前後に転がす感覚らしいです。

以前Jazzドラムを習っていた時期に「ネバァ~っと踏め。」と言われた事があります。

 ハイハットは、オープン・クローズを使ったフィルやブレイク以外には特に決まった使い方がないので、リズムキープのために使う場合は自分の好きなように使って構わないと思います。

俺の場合は癖で8分でハイハットを踏みながらドラムを叩く事が多いです。

ただ、この時でも大体テンポ150くらいまでは8分で踏み、それ以上のテンポの曲の場合は、4分で踏むというような感じです。

ただ、基本的なファンクのように4分のグルーブを出さなきゃいけない曲の場合は、テンポが遅くても4分で踏み、典型的なロックンロールのような曲の場合は、テンポが150よりも速くても8分で踏む時もあります。

引用元-

ドラムを自宅で練習するには?左足の使い方

1.左足(8分)右足(4分)で踏む

やり方は、メトロノームで遅いテンポ70くらいから180くらい

まで踏めれば合格です。

余裕が出てきたら手は8ビートを刻みます。

更に余裕が出たら、フィル(おかず)を小節を意識して加えていけばかなりのレベルアップに繋がると思います。

これができたら、左足をハイハットで踏んでいる場合、ゴーストモーション(貧乏ゆすり?)な感じにすると、ライドシンバルからハイハットの8ビートを叩きたい時にスムーズに移行できます。

またその反対もスムーズに行えます。

2.サンバキック

ウットト、ウットト

ウッの部分が左足でトトが右足です。

少し難易度が上がりますが、これを踏めて手を入れるようになれると、かなり下半身のバランスが安定します

また、ツーバスをやっている人が言ってたんですが、ツーバスに関係なさそうだけど、サンバキックをしていたら、ツーバスの連打が安定していたそうです。

先程の動画のドラマーの方も下半身のリズムキープにサンバキックはおすすめと言ってました。

なので、サンバキックはマスターしましょう。

これもテンポが遅い70くらいから180くらいです。

足のダブルが速く踏めるなら200以上を目指しましょう!

引用元-ドラムの足を家で練習したい人必見のメニュー! | マッチョメロン

twitterの反応


https://twitter.com/thehenjinn/status/446865305910796288

 - 映画・音楽・書籍

ページ
上部へ