読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

赤ちゃん+夫婦での生活費、みんなはどのくらい?

      2015/11/09

赤ちゃん+夫婦での生活費、みんなはどのくらい?

よその家庭の生活費、いったいいくら掛かっているのか比べてみたいと思ったことありませんか?

赤ちゃんと夫婦3人の場合、生活費はみんないくらなのでしょうか。

赤ちゃんも意外とお金が掛かっている!?赤ちゃんのいる3人家族の生活費とは・・・

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

no image
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

no image
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

no image
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

no image
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

no image
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

no image
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

no image
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

no image
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

no image
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

no image
【男性必見】彼女の母親に会う時に気を付ける事!

男性のみなさんは、彼女の母親に会う時に心がけている事はありま...

no image
小麦色の肌の男はモテる!?色白男性が日焼けする方法を調査

色白なことをコンプレックスに思っている男性は多いそうです。 ...

1699ef674da1db77a0454898e2a888bb_s
足の爪にある黒いモノに注意!それって皮膚ガンかもしれない!

「メラノーマ」あまり聞いたことがない名前ですよね!足の爪や足...

b31eaf0baaf6d27256283d1ef3976843_s
子供の怪我。指を切る怪我をした時の対処法!

もし子供が怪我したら慌てしまい何をしたらいいの?パニックにな...

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_s
共働きの子育ては子供が愛情不足になる?そうならない為の注意点

共働きだと子供が愛情不足になる?それってホント? 近頃...

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s
メールが苦手な人必見!メールが苦手な理由と克服する方法

メールが苦手なのを克服したいとお悩みの方はいませんか? ...

55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s
お通夜等に参列する時に適した子供の服装マナーについて紹介!

子供が着ていくお通夜・お葬式に適した服装選びのポイントは? ...

616350
就活に失敗!?安易な気持ちで大学院に進学すると後悔する

大学生が就活に失敗すると大学院進学することも選択肢の1つに思...

256089
彼女が他の男を電話するのは許せない!浮気かどうかをチェック!

彼女が男友達と電話してる・・・彼氏のあなたは許せますか? ...

626664
赤ちゃんの唇が切れた…乾燥が原因の場合とケガの場合の対処法!

赤ちゃんの唇が切れた…どうしたらいい? 乾燥して切れた...

スポンサーリンク

赤ちゃんと夫婦3人の生活費はどのくらい?

夫収入 手取り 202,000円くらい(平均)

●固定費

住居費     71,335円 (駐車場込み)

光熱費・水道 11,500円 (ここ9か月の平均)

通信費     15,500円くらい

NHK        1,236円
____________
↑固定費計99,571円

●生活費
食費    19,000円

日用品   3,000円

美容院費  5,000円

衣類費   5,000円

交際費   3,000円

医療費   2,000円

夫小遣い 20,000円

外食費   8,000円

コンタクト代 1,000円(積み立て)
____________
↑生活費計 66,000円

●貯金 35,000円

毎月、光熱費14000円、通信費16000円で予算を組んでいるので、
少しずれています。

★生活費、通信費、光熱費は余った分は次月へ繰越。
★生活費をスライド貯金しているので、生活費の66000円が
年に1回、浮く予定。


引用元-現状の生活費を書き出してみた|2歳、0歳児と夫婦、ローン返済しながら月20万円生活

赤ちゃんは意外とお金がかかる!?夫婦2人よりかかる生活費の原因

★意外にかかる水道代

水道代については夫婦2人で過ごしていた時に比べ3000~5000円ぐらい跳ね上がるご家庭が多いよう。

・主に1日の洗濯の回数が1回プラスになる家庭が多いことが大きな要因です。

・特に布オムツの場合はどうしても洗濯するものが増えるので水道代もかかります。

・赤ちゃんを沐浴用のベビーバスで入れてあげる場合は水道代が跳ね上がる原因に。

・大人と一緒の一番風呂にすれば別にお湯を用意する必要がなく節約になります。

暑い夏場はあせものできやすい赤ちゃんを冷たいおしぼりで拭いてあげたり、汚れものの処理やお世話の後の手洗いなど水仕事が一気に増えます。

なので水道局から「水漏れしていませんか?」という電話が来るのも珍しくないほど赤ちゃんが生まれたら水道代はアップします。

★ガス代・電気代もアップ!

やはりガス代・電気代もミルクを作ったりお風呂を沸かしたりと入り用なので水道代と同程度アップします。

ガス代は高いので工夫次第でなんとか抑えられないか、と色々知恵を絞っているママさんも多いです。

・ミルクを作るためのお湯はガス代よりも安い電気ケトルで沸かす。

・お風呂は追い炊きを使わず一気に入る。

などなど色々試行錯誤されているようですね。

ただどうにもならないのが「夏場のクーラー代」。

大人だけなら我慢ができても汗っかきであせもができやすい赤ちゃんの皮膚を守るために、こればかりはどうしようもありませんね。

引用元-オムツ代にミルク代…赤ちゃんにかかる費用は1カ月においくら? | MARCH(マーチ)

Q.赤ちゃんがいる夫婦の生活費についての質問

【現状】

家内:専業主婦(収入0)

光熱費:\25,000

食事費:\30,000

外食費:\15,000

携帯代:\ 8,000(家内分)

燃料代:\10,000(軽自動車)

車検代:\ 5,000(毎月積立)

雑費代:\17,000(主に消耗品の補充や子供用品に充てているようです)

小遣い:\30,000(家内分)

合計額:\140,000

内訳通りにはいかないようですが、過不足を調整してやりくりをしているようです。

乳児がいるので、おむつと電気代(エアコンなど)が非常にかかるようです。

その他の費用は全て私が管理しているので、生活費からの出費はありません。

ご意見頂ければ幸いです。

引用元-生活費(大人2人・乳児8ヶ月1人)について – 家計の相談・家計診断 | 【OKWave】

A.質問に対する答えとは

どのぐらいの生活水準を希望されているか分からないので、なんとも言えませんが…全体的には奥様が頑張っているのでは?

冬の光熱費が25000円というのは、頑張って節約している印象です。

常に快適!ではなく、赤ちゃんが風邪をひかない程度…という感じ。

食費も、節約本に比べれば余裕がある予算だけど、豊富な食材や有機野菜を使うには足りない程度。

雑費も、商品の質にこだわらなければこの程度。

赤ちゃんがいるとお尻ふきや洗剤やティッシュなど、単価は安いけど、月単位だと結構かかるものがあります。

それら消耗品を、肌に優しいものなど成分にこだわった商品は選べない予算かな、と思います。

携帯費用が高いように指摘されている方がいらっしゃいますが、この情報化社会でこれ以上下げるのは、専業主婦に社会との関わりを絶てと言っていると同然かと。

他の予算は妥当だとして、奥様の小遣いは他の項目に比べ多い印象ですが、趣味やつきあいに使うような小遣いでしょうか?

もし美容代も含むなら、妥当だと思います。

洋服代も含むなら、足りないと思います。

ただし、車の買い換えや教育費用の貯金、保険料、住居費との兼ね合いで、違ってきますよね。

それら費用のために生活費が上げられないのなら、その辺を奥様に説明し、奥様が節約に励むか仕事をするかをご夫婦で決められては?

引用元-生活費(大人2人・乳児8ヶ月1人)について – 家計の相談・家計診断 | 【OKWave】

赤ちゃん+夫婦で生活費をやりくり!でも間違った節約方法も・・・

■1:「私は節約している」と思い込む

まず、よくありがちな勘違いが「私は節約している」というもの。

ガマンしてギスギスして「節約すればお金が貯まる」と思っていませんか?

この勘違いをしたままだと、“節約しているつもり”になって、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。

しっかり、使っていいお金を決めて節約していきましょう。

 

■2:生活費の中から先に貯金分を引いてない(貯金の余りが生活費になっていない)

貯金を増やすために節約していますよね。でも、あなたは生活費の余りを貯金にしていませんか?

先に貯金分を引いてないと、足りないとき貯金をどんどん使ってしまいます。

これが続くと、結果的に節約は失敗していまいます。

貯金の余りを生活費にすることから始めてみましょう。

 

■3:レシートを封筒・クリアファイルで分類している

節約の基本、“家計簿”。あなたは普段、これをつけるために、レシートを封筒やクリアファイルに入れていませんか?

こういったものは出し入れやすいですが、行方不明になりやすいです。

透明な箱に項目をラベリングして、そこにレシートをポイポイ入れるようにしてみましょう。

すると、一目で支出が把握できて、節約がうまくいきますよ。

引用元-逆効果!ほとんどの人が「勘違いしている」NGな節約術6つ | It Mama

twitterの反応


https://twitter.com/countdown8110/status/623479114033291264
https://twitter.com/fym5656/status/621244935811956737


https://twitter.com/xxx__beee/status/606269963918139393

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ