読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

ソフトテニスのサーブフォームの上達方法のアドバイスをご紹介!

      2017/01/06

ソフトテニスのサーブフォームの上達方法のアドバイスをご紹介!

ソフトテニスのサーブの良いフォームの特徴についてまとめ調べてみました。

上達するにはどんな事に気をつけて練習すれば良いのか?

速いサーブを打つためにはどんなポイントがあるのかを合わせてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

ソフトテニスのサーブフォームのワンポイントアドバイス

フォームで気をつけることは、

・ラケットが真上を向いていない
・横を向いている
・肩が上を向いて、体が反っている
・膝が曲がっている
・胸をボールに近づけるように打つ

引用元-サーブのフォーム・5つのポイント – ソフトテニス上達まとめ

① ラケットは上を向かない

ラケットが上を向いていてはパワーがでません。
引用元-サーブのフォーム・5つのポイント – ソフトテニス上達まとめ

 

ラケットが上を向いているとボールが飛びませんし、

ムダなチカラが入ってしまいます。

打つ直前はチカラを抜いて、ラケットが上を向かないようにしましょう

ついでに・・・
引用元-サーブのフォーム・5つのポイント – ソフトテニス上達まとめ

② 横を向く

ストロークと違って、サーブはボールの勢いがありません。

なので、体のひねりで打ちます。

打つ前は体が真横を向くようにしましょう。

そして打つときは、前後の肩を入れ替えるように打つと、ひねりがうまく使えます。

③ 肩が上を向く

トスを上げた手をもっと上にあげるようなイメージで、肩のラインを傾けましょう

そうすると、自然に体を反らすことができます。

この体の傾きでボールを前に飛ばすパワーが生まれます。
引用元-サーブのフォーム・5つのポイント – ソフトテニス上達まとめ

ソフトテニスのフォームで速いサーブを打つためには「タメ」が重要

それはなんといっても「タメ」です。
そんなことわかってる!と言いたいところかもしれませんが、サーブ時に本当の「タメ」を作れている選手はごくわずかなんです。
硬式テニスの選手はほとんどの方が出来ていますが、なぜかソフトテニスの選手はほとんどタメを作ることが出来ていません。
そもそもサーブの「タメ」とはなんなのか?
それは「ひざの屈曲」と「体幹の捻り」です。
簡単に言い換えると「ひざを曲げる動作」「下半身と上半身をひねることで生まれる反動」です。
どちらか1つではだめなんです。ひざを曲げ、体をねじる。
この2つの動作を同時に行うことで、より強い反発力が生まれ、あまり筋力がなくとも速いサーブへと繋がるんです。
ほとんどの方はひざを曲げて終わりになってしまっています。
引用元-速いサーブを打つために最も重要なこと ソフトテニス【前衛ドットコム】

タメをしっかり作れるようになると、サーブの速さが増すだけでなく、なんと安定感も向上します。
身体全体で打てるようになることで、腕の力をあまり必要としなくなってくる分、微妙な調節をする必要がなくなり、その結果安定に繋がるのです。
サーブは速くなるわ、確立も良くなるわ、良いことづくめですよね!
今まで自分は非力だから…と速いサーブを打つのを諦めていた方、速さが全てではありませんが、速さが武器になることは間違いありません。
だれにでも出来る「タメ」を生かし、今より少しでも速いサーブを打てるように頑張ってみて下さいね!
引用元-速いサーブを打つために最も重要なこと ソフトテニス【前衛ドットコム】

ソフトテニスでフォームを強く安定したサーブを打つには?

テニスだけに限らず、球技はちゃんとボールをみて打つ事が大事だと思います。
野球でいうボールが止まって見えると言う事です。
スピンをかけるということはボールをこするということです。しかも安定した強いスピンとなるとボールのどの部分にラケットが当たるのかをちゃんと理解して打つ必要があります。

打つ瞬間にラケットとボールがどのように当たっているか見えるようになればサーブを打つ際には、狙ったボールの溝にガットをかけて打てるようになるのではないでしょうか。
私はほかに野球やゴルフもやっていますが、ボールを速く投げたり、遠くへ飛ばすにはボールにどのような回転がかかればよいかを考え、ボールとバットやクラブが当たる瞬間を確認しながら練習しています。
筋力もある程度必要ですが、いかに力を使わずに速く強いサーブを打てばいいのか考えて練習した方が良いです。
人間のスタミナには限りがあります。
そのスタミナをいかに有効に使えるかが重要です。
反復練習も必要ですが、現代スポーツはすべて力学に沿ったやり方をしているのでそれを勉強すればさらなる上達が見られると思います。
引用元-強く安定したサーブを打ちたいんですが,,, – テニス 解決済 | 教えて!goo

ソフトテニスでの速いサーブの打ち方のコツと練習方法

1.速いサーブを打つならフラットサーブが一番良いです。
(ボールの後ろから打つので。)

2.打点は頭の真上より少し前(ネット側)にします。
(ボールにパワーを伝えやすい打点なので。)

3.トスを上げる前は後ろ足に重心を持っていき、サーブを打つときには重心が前足に移動します。
(打つときに前足に重心があると更にパワーを伝えやすいです。)

4.トスを上げるときに、ヒザの曲げて体を反らし、ボールを打つ瞬間にはヒザが伸びて体の反らしを戻すとよりボールにパワーが伝わります。

5.筋トレをして筋力アップをしましょう。(腕立て、腹筋、背筋など)

プロの硬式テニスのサーブのフォームは参考になると思います。

スライスサーブでも打ち方で多少速いサーブは打てると思います。

速いサーブが打てれば、試合でもかなり有利な武器になりますがサーブの確率が低ければ逆に相手にセカンドサーブを攻められることになります。

私は普段は80%程度の力でサーブを打って、理想的なトスが上がったときに思いっきり速いサーブを打ったりしたことがあります。

フラットサーブは、サーブの基本ですので、せめて5割以上の確率でサーブが入るようになってから速いサーブの練習をした方が良いと思います。
引用元-弾丸(速い)サーブの打ち方 – ソフトテニス うまくなる?練習方法

ソフトテニスの初心者に素振りと同時にしてほしい練習方法

素振りと同時におすすめしたい練習方法は「手出し球出し」です。

これは、顔くらいの高さからボールを落として(一人の場合は少し上に投げる感じで)、そのボールを打つという練習です。

この球出しのポイントは、前から飛んでくるボールを打つのではなく、その場でバウンドしたボールを打つというところです。

前から飛んでくるボールの場合は、ボールの勢いによって反発力が作用してラケットにボールが当たれば前に飛びます。

しかし、その場でバウンドしたボールの場合は反発力がないため、しっかりとラケット面で押し出してやらなければ正しく飛びません。この練習でしっかりとした球を打てるようになれば正しい打ち方で打てていると思っていいと思います。

さらにこの練習ではもう一つポイントがあります。

それは一定の打点の高さでボールを打つことです。この一定の打点の高さというのは、素振りをした時に自分がイメージしているボールを打つ高さです。

テニスで大事なことはできる限り自分の打点でボールを打つことです。

自分の打点でボールを打つということは、素振りと同じ振り方でボールを打つということです。

こうすることで、安定したボールを打つことができ、ミスの少ないテニスをすることができます。

なお、この練習は必ずしもコートでやる必要はありません。一人の時は、壁やネットに向かって打つのでも、十分効果があります。

この練習で「ボールがどの程度バウンドするのか」「自分の体の位置とボールの位置の関係」などを把握できると、なおいいと思います。
引用元-ソフトテニス初心者におすすめの練習方法

 - スポーツ

ページ
上部へ