読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

足を骨折!プレートの必要性と固定の方法!

      2017/01/06

足を骨折!プレートの必要性と固定の方法!

足を骨折した時のプレートやボルトってどうして入れなければいけないのでしょうか?

体内に入っても大丈夫?固定方法の種類って?手術は難しい?

そんな疑問を抱いている人に見てもらいたい骨折にまつわる情報をまとめました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

足を骨折した時のプレートなどでの固定の方法とは?

ピンニング
ピンを挿入して、折れた骨同士を固定する方法です。「骨が折れてずれてしまった」というような、単純な骨折の場合によく行われます。

スクリュー固定
骨折部をネジのみで止める手軽な方法です。ピンニング同様、単純な骨折の場合にこの方法が選ばれます。

プレート固定
皮膚を切開して骨折した部分をプレートとスクリューを使って固定させる方法です。主に関節や関節近くの骨折に使われます。

髄内釘(ずいないてい)固定
骨の中は空洞になっているのですが、そこに「髄内釘(ネイル)」と呼ばれるインプラントを入れて固定するのが髄内釘固定です。主に上腕骨、大腿骨、脛骨など大きな骨の骨幹部(骨の中央部)が折れた場合などに、この方法が選ばれます。

創外固定
身体の外側からピンやワイヤーで固定する方法です。骨が砕けて手術ではつなげられない場合、骨が皮膚の外へとびだして骨折部が感染しやすい場合など、すぐに手術できない場合に、この方法が選ばれます。
引用元-みんなが気になるよくある質問 | 骨折手術 | ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパニー

足を骨折!プレートって体内にはいっても大丈夫?

金属自体がはいっていて体に影響を与えることはありません。おそらく、最近手術したのであれば飛行機の金属探知機にもひっかかりません、MRIも撮影可能です。
金属が皮膚・神経・血管等にあたって痛みがあるなどがあれば、抜くメリットはありますが、必ず抜く必要はないと思います。足首であれば、金属が皮膚に当たりやすいので、皮膚の痛みが一番の抜く理由かと思います。
ちなみに海外ではほとんど抜釘しないみたいです。

抜釘する場合は、基本は同じ傷を使い、手術時間は間違いなく、短くなると思います。痛みも、怪我した時とは全然違うと思います。基本的に抜いたあとは固定(ギブス)はせず、すぐに全荷重可能と思います。
ただし、金属等が骨にくっつきすぎて抜けない可能性もあります。状況にもよりますが、最初の治療よりはもちろん簡単ですが、安易に簡単な手術ではないとは思います。

若ければすすめるかもしれませんが、精神的にも辛かったのであれば、無理に抜く必要はないので、上記の内容を参考に選択していただけたらと思います。

下半身麻酔のほうが、間違いなく楽です、尿カテーテルは手術時間にもよりますが、入れないことも可能かと思います。相談してみてください。

まだ3ヶ月なので、なにもなければ、抜釘するのは半年~1年は先となる可能性が高いので一旦忘れて、無事に骨がくっつくことに集中したほうがいいとおもいます。
引用元-足首を骨折して、プレートがはいっています。手術して3か月めで… – Yahoo!知恵袋

足を骨折しプレートをいれた人の体験談!

抜釘手術は「任意」だったので、そこでもちょっと迷いました。
「ヨーロッパなどでは抜釘しないのが主流、でも日本人は抜きたがる」などという説も教えてもらい。

ただ、先生はやはり強く抜釘手術することを薦めてましたね。
なんでも、今使われているプレートやボルト、スクリューなどのインプラントは40年程度しか安全が保証されていないそうで。
私の場合、40年後というと80歳ぐらい。
まだ生きている可能性はあるので、早く抜いちゃった方がいいとのことでした。

確かに高齢になってからの手術は辛そう…。
しかも、1年以内に抜釘しないと、しっかり骨とくっついてしまうので、抜くのが大変だそうです。

なので、ほぼ1年後に抜く方向で考えてはいたのですが、この時点ではまだ未定。
なんせ退院したばかり、手術も受けたばかり。
次の手術を前向きに考えるような精神的余裕はなかったです。

でもそのうち、少しずつ歩けるようになるにつれて、抜釘手術をする必要性がどんどん高まってきました。
なぜならば、歩くたびにプレートが骨に当たる感じがして、ひきつれるような痛みが…。
そのせいで傷口もなかなか治らず、ケロイドっぽくなってしまいました。

本当はサージカルテープで傷口を保護しなければいけなかったのですが、私は怠ってしまい…。
プレートが入っているのですから、もっと真剣にケアしなければいけなかったです。
反省…。
引用元-骨折から抜釘手術(プレート除去)までの記録 – フリーランスママの育児・レジャー・食べ歩き記録

骨折でプレートが必要な理由とは?

骨折治療の基本は、折れた骨をもとの位置に戻し(整復)、固定することです。
きちんと固定し、固定を妨げるような外力をかけないようにすれば、ほとんどの場合は後遺症を残さずに治ります。
適切な治療が遅れたため治癒までに時間がかかったり、骨の変形が残ったり、あるいはくっつかないままになったりすることを避けるために、骨折においては正しい診断と適切な治療が重要です 。

整復の方法

折れた部位がずれていなければそのまま固定しますが、ずれている場合はもとの正常な位置になおすことが必要です。これを「整復」といいます。整復には痛みを伴うので、麻酔をして行うこともあります。

・徒手整復
骨折部を、皮膚の上から医師の手を用いて整復する方法です。骨折した骨がずれている場合は、麻酔をして行います。

・牽引による整復
ずれた骨を持続的に引っ張って正常な位置になおすために行われます。 折れた骨が、骨に結合している靱帯や腱、周辺の筋肉の力で引っ張られてずれ、正しい位置に保てないときの処置です。 重りのついた牽引装置で持続的に引っ張ります。 子どもの場合は、骨癒合が早いため、牽引だけで治癒することもあります。
引用元-骨折の治療法 – “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」

骨折したときの手術の目的とは?

手術を受ける患者さんと話していて、みんな誤解しているなと感じる事です。

以前お話しした様に、骨折に対する手術の目的は、離れた骨を元に近い位置に戻す事です。

元に近い位置というのはどういう事かというと、そもそも、一度骨折してしまった骨は、その後100%の形で元に戻る事はありません。それはどんなに素晴らしい手術をしてもです。

皮膚を一度擦りむいてしまったら、そこに傷痕が残るのと同じで、怪我の前の状態と全く同じに戻ることはありません。

しかし、ガッカリしないで下さい。動きや筋力はリハビリ次第で元よりも良い状態になります。

ちょっとくらい骨の形が変わっても、体はその環境に適応してケガの前よりも力が付く事だってあり得るのです。結局は最善を尽くすしかないという事です。
引用元-くるぶし骨折の治療についてリハビリと手術方法を医者が徹底解説 | ケガトモ

足首骨折には、
・外果骨折
・内果骨折
の2種類があり、

外果骨折には
・プレート
を使った手術を

内果骨折には、
・スクリューのみを使う方法
・8の字締結法(ていけつほう)
のどちらかを行うのでした。

それぞれ完成後のレントゲンを見ておけば、自分が手術後にレントゲンを見せられた時にもそれほどビックリする事無く受け入れられるでしょう。
引用元-くるぶし骨折の治療についてリハビリと手術方法を医者が徹底解説 | ケガトモ

 - 雑学

ページ
上部へ