読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

癌の特効薬として話題の「fas」について簡単に説明します!

      2016/12/18

癌の特効薬として話題の「fas」について簡単に説明します!

テレビで取り上げられて話題になった癌の特効薬「FAS」をご存じですか?

「FAS」って何の略なの?癌の特効薬として期待されているのはなぜ?副作用はないの?

末期癌にも効果があると言われている話題の「FAS」の基本情報について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

癌の特効薬「FAS」って何?

「この薬は、がん細胞だけに大きなダメージを与えることができるまったく新しい治療法です。私たちは、これが画期的ながんの治療薬になることを期待しています」

このFAS阻害薬の開発をした米ジョンズ・ホプキンス大学のガブリエル・ロネット博士は、力強くこう話す。

現在、この”特効薬”の実用化へ向けて鋭意研究が進められており、数々の特許を申請・取得しているという。そのため、「機密情報が多く、研究の詳細について紹介することはできない」と言うが、その一部について、特別に明かしてくれた。

そもそも、この薬の名前にもついている「FAS」とは何なのだろうか。

「FASはFatty Acid Synthaseの略で、脂肪酸合成酵素のことです。これは、誰しもが肝臓など体内の特定の臓器に持っているもので、その名のとおり脂肪酸を合成する働きがあります。細胞には、体がエネルギーを必要としているときに使えるように、脂肪を蓄えておくシステムがありますが、脂肪の貯蔵にはFASが必要不可欠。このFASの働きを抑制するものが、我々が開発しているFAS阻害薬なのです」
引用元-転移した末期がんにも効く 世紀の発明! がんの特効薬(FAS阻害薬)これで本当にがんが消える (週刊現代)  赤かぶ

癌の特効薬「FAS」には副作用がない?

FAS阻害薬にはこれまでの治療法ではクリアできなかったがんの性質を克服する可能性が秘められています。
がん細胞は、自分の体の一部、つまり外から侵入した「異物」ではなく「味方」なので、体内の免疫系はがんが敵なのか味方なのか区別が難しいのです。
たとえば、風疹は風疹ウイルスが体内に侵入することで発症するので、ワクチンを打てば確実にターゲットを絞って発症を抑えることができるが、がんの場合はそれができません。
一般的な抗がん剤は、がん細胞が正常細胞よりも早く増殖することに着目し、細胞が分裂するときにがん細胞内に入り込んでがんを叩くという仕組みです。しかし、そうすると、人の体ではあらゆるところで盛んに細胞分裂が行われているので、正常な細胞にも影響を及ぼし、副作用が出てしまいます。
しかし、FAS阻害薬の場合、がん細胞に特有な物質FASだけに作用するので、こうした副作用が出る恐れがありません。
引用元-がんの特効薬~FAS阻害薬 – えりよん

癌の特効薬として期待の「FAS」は人間の脳にも影響を与えてた?

人間の身体はおよそ60兆個の細胞で構成され、日々多くの細胞が生まれ変わっている。

新しい細胞も同じ役目を果たすように遺伝子情報がコピーされるのだが、コピーを繰り返すうちにミスが生じ、誤った情報を持つ不良品が誕生することがある。

これに備えて細胞は安全装置を持っていて、DNAが損傷を受けるなどで異常細胞が誕生すると、自爆してまん延を防ぐ機能がある。

p53遺伝子が代表的で、ほかの細胞に悪影響を与えないよう自らの命と引き換えに元を断つ。しかし、なかには異常だと分かっていても自爆しない細胞もある。安全装置が故障した場合だ。

ほとんどの細胞は増殖し続けるのではなく、損傷や老朽化に伴う代替が基本だが、対して精子のようにひたすら増殖する細胞もある。

足りない分の補充ではないので、ある意味で生涯一番ムダな生産活動と言えよう。

ガンが恐ろしいのは、精子と同じメカニズムで際限なく増殖し、しかも歯止めとなる安全装置も持たないため、一度発生すると駆除が困難だからだ。

そんなガンも、人間の進化とは切っても切れない縁がある。人間の脳は、ガン細胞の増殖と同じメカニズムで発達してきたのだ。

決め手はFASと呼ばれる酵素で、細胞増殖に必要な脂肪酸を作り出す。人間の脳がここまで発達したのもこの酵素のおかげだ。
引用元-FASと呼ばれる酵素が鍵「もしもガンの特効薬ができたら」|「マイナビウーマン」

どんな癌にも「fas」は効果があるの?

 「がん組織の性質を調べる病理学的研究では、がんの種類によってFAS産生量が異なり、FAS産生量の多いがんは悪性度が高いことが報告されています。そこで共同研究によりFAS産生量を検査し、FASに対する治療効果を予測できる方法を開発しました。動物実験段階ではありますが、前立腺がんの種類によってFAS産生量は異なり、FAS産生量を事前に把握することで、悪性度の高いがんを選別し、治療できる手法を提示できたと考えています」

前立腺がんだけでなく、肺がんや乳がんでも、悪性度が高いほどFAS産生が多いという報告はすでにあるという。いわゆるタチの悪いがんでは、FAS阻害剤は功を奏するようだ。吉井氏の研究でも、FAS阻害剤は副作用もほとんどなく、がん細胞の転移に関する機能を低下させ、増殖を抑制できた。

「FAS産出量の多い少ないは、がんの種類だけでなく、個体差や進行度にも左右されると考えられます。FAS産生量が少ないがん細胞に対し、FAS阻害剤を投与しても効果は低く、身体的あるいは経済的に患者さんに負担をかけることになります。
だからこそ薬の開発だけでなく、検査方法の開発も、各国の研究者が力を入れているのです」
引用元-ガン完全克服マニュアル 話題の“がん特効薬” FAS阻害剤の効き目と10年以内の実現可能性

癌の新薬にはどんなものがあるの?

抗がん剤の中でも新しいものに「分子標的治療薬」があります。これは従来の抗がん剤よりも副作用が少なく、より効果的にがん細胞だけに狙いをつけることのできる薬です。

抗がん剤といえば、脱毛や吐き気、白血球の減少によるさまざまな副作用で知られますが、これは抗がん剤が「増殖スピードの速い細胞」に働きかける性質を持つためです。がん細胞もその1つですが、体内には他にも髪を生み出す毛母細胞や、血液を作り出す造血幹細胞といった分裂の盛んな細胞があるため、そちらにも薬の影響が及んでしまいます。

しかし分子標的治療薬では、がん細胞のみが持つ特性を分子レベルでとらえ、それを標的として効果的に働きかけます。ですから従来型の抗がん剤より、副作用が少なく済む点がメリットです。

日本でも既にいくつかの分子標的治療薬が認可されていますが、海外と比べるとまだまだ少ないのが現状です。また副作用もまったくないというわけではないため、より安全で効果的な薬の登場が待たれます。
引用元-がんの新薬にはどんなものがあるの? | 人気の新薬紹介サイト

 - 病気・薬

ページ
上部へ