読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

初産の年齢に限界はある?出産リスクと妊娠できる年齢の限界

      2017/01/12

初産の年齢に限界はある?出産リスクと妊娠できる年齢の限界

初産の平均年齢は医学的に何歳が限界なのでしょうか?

また初産の年齢があがるリスクとはどんなことを言うのでしょうか?妊娠できる年齢の限界は何歳まで?

気になる問題について調べまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

初産の平均年齢と限界の年齢はいくつまで?

「閉経の10年前まで産める」と言われていますが、個人差があるので一概に「〇〇歳」とは決められません。そもそも、あなたの閉経がいつなのか、どうやってわかるというのでしょうか?

一般的に、閉経は40歳代後半から50歳代中頃に訪れると言われています。そこから逆算すると、30歳代後半から40歳代中頃に出産の限界を迎える人が多いと考えられます。

これは出産経験のある経産婦も含んだ年齢であり、初産の場合は、そこから更に2年ほど前倒しすることになります。

よって、あなたの閉経が45歳だとすると、初産可能な年齢は33歳ということになります。また、あなたの閉経が55歳と仮定すると、初産可能な年齢は43歳までということになります。

厚生労働省の出産数の統計(初産・経産を含む)を見ると、40歳以上の出産数が年々増加しています。その中でも特に、50歳以上の出産数は、平成20~22年では年間20人前後だったのが、平成23年には年間41人に倍増しています。

このように、初産のうち30歳以上の人が占める割合が一割を超える晩産化が進み、WHO(世界保健機構)をはじめとする諸外国の定義にならって、日本における高齢初産(高齢出産)の定義は満30歳から引き上げられて、「満35歳を超えた初産」と改められています。

また、閉経年齢については、遺伝的傾向があると言われています。

あなたのお母さんやおばあちゃんの閉経年齢から推測してみてはいかがでしょうか?年上のお姉さんがすでに閉経を迎えていたら、それも参考になるかもしれません。
引用元-上昇する初産の平均年齢。43歳限界説の根拠とリスクとは?|

初産の平均年齢は?妊娠できる年齢の限界は

初産の平均年齢は年々上がっている

■女性の初産年齢は平均30.6歳
引用元-初産の平均年齢は?初産の年齢が上がるリスクと妊娠できる年齢の限界 | mamanoko(ままのこ)

初産の平均年齢は年々上昇していて、2011年に平均30歳を突破。2014年には第一子の出生年齢が平均30.6歳という結果となっています。そして、第二子では平均32.4歳、第三子では平均33.4歳となっています。

■男性の初産年齢は平均32.5歳
ちなみに、男性の第一子出産時の年齢は32.5歳。女性より2歳程度上ですね。女性だけでなく、男性も初産の平均年齢が高齢化していることがわかります。
引用元-初産の平均年齢は?初産の年齢が上がるリスクと妊娠できる年齢の限界 | mamanoko(ままのこ)

■妊娠率は35歳で一気に低下する
しかし、先延ばしにしていても、いつでも産めるわけではないのが「女性の身体」。妊娠率は35歳で一気に低下します。日本産婦人科学会で定義されている「高齢出産」も、35歳以上で初めて出産することをさします。

■42歳がリミットという声も多い
また35歳で18%まで下がる妊娠率ですが、40歳で5%、45歳で1%と、年齢を追うごとに極端に下がります。自然妊娠はかなり難しいとなると、不妊治療にふみきればよいと考えるかもしれませんが、不妊治療をしたとしても、「不妊治療の成功率が1割弱となる42歳がリミット」としている意見もあるようです。

引用元-初産の平均年齢は?初産の年齢が上がるリスクと妊娠できる年齢の限界 | mamanoko(ままのこ)

初産での年齢の限界は?何歳まで出産可能なのか?

卵子の力が下がり始めるのは33歳から

女性の妊娠力が下がるのは33歳から 「何歳まで産める?」ということを女性が今くらい気にしている時代は初めてでしょう。子供を持つかどうかの決心を先延ばしにしている人は、たいてい「35歳までには、産もう」と思っています。でも、その35という数字に何の根拠があるかと言えば、それは「35歳から高齢初産と呼ばれる」というだけの理由です。

体外受精は卵子の力がストレートに反映されますが、これにより妊娠する能力は33歳くらいから下がり始めると言われています。体外受精の成功率は、33歳なら20代と同じで1回につき3割くらい妊娠しますが、40歳では1割ほどに下がります。

37~38歳から、さらに妊娠しづらい傾向に拍車が

年齢別 不妊症頻度のグラフ。妊娠しにくい人は25才では3.5%ですが30代から少しずつ増え、35才では11%、40才では33%になります。 宗教上の理由などで避妊をしない妻たち1000人を調べた海外の調査もあります。それによっても、やはり30代になる頃から妊娠率が下がり始め、37~38歳からそれに拍車がかかるという形になりました。

当たり前のようですが、35歳という境界線のこちらと向こうで世界が変わるわけはなく、人の身体は少しずつ、少しずつ変化します。30代少し過ぎから、10年以上かけて変わっていくのです。
引用元-本当のところ何歳まで産めるの? 【妊娠の基礎知識】 All About

女性の妊娠適齢期と出産が可能なのは決まっているのか?

生理があるうちは妊娠できると考える方が多いのですが、それは間違いです。医学的には、女性にとって妊娠可能な時期は、閉経する10年前までとされています。多くの女性が51歳前後で閉経するので、妊娠可能な年齢は41歳前後です。閉経には個人差があるように、もっと早くに妊娠できなくなる方もいれば、41歳を超えて妊娠できる可能性もゼロではありません。しかし、40代での自然妊娠の確率はとても低く、40代で妊娠するには不妊治療のために膨大なお金と時間を費やす可能性が高いといえます。

なぜ女性に妊娠適齢期があるの?

本来、「卵巣や子宮・卵管といった臓器が健康であること」と「卵子の質がよいこと」の2つがあって初めて妊娠できます。しかし、卵巣などの臓器は他の臓器同様に加齢によって老化して機能が衰えていきます。そして、実は卵子も老化するため妊娠率が下がってしまうのです。そして、閉経時期の10年くらい前から生理を司る女性ホルモンの分泌バランスも崩れ始めるため、生理にも異常が現れてきます。そのため20代をピークに、年を重ねるごとに妊娠できる可能性は低下していきます。
引用元-女性の妊娠適齢期は何歳?医学的に出産が可能なのはいつまで? – こそだてハック

高齢出産におけるリスクは妊娠するのが難しくなる現実

健康な男女が排卵日に性行為をして妊娠する確率は35歳未満なら20~25%、35~40歳では10~15%とされています。さらに年齢を重ね、40歳後半になるとその確率は4%にまで下がってしまうとか。


高齢になると妊娠し難くなるのは卵子が老化するうえ、婦人病や生活習慣病(子宮筋腫など)が急増するためです。
また、30代後半になっても出産経験がない場合にはからだが「妊娠しない」という信号を受け、それにより卵巣が小さくなり妊娠し難くなる・・・という説もあります。

もちろん、高齢でも元気な赤ちゃんを産む人はいます。しかし、高齢出産を望む場合にはあまり時間が残されていない・・・ということを頭の片隅にしっかり入れておきましょう。


 

こんな原因も…

若い頃は「妊娠しないように」と気をつけることで頭がいっぱいになり、妊娠できることのありがたさを感じる人は少ないでしょう。ところが、いざ欲しいという時に限ってなかなか出来ないもの。

これは年齢とともに妊娠しにくくなる、つまり「不妊」といわれる状態になるからです。
原因はさまざまですが、その1つとして性生活の減少があげられます。

結婚当初は性生活の機会も多かったが、年月が経つとともに回数が減った・・・という人も少なくありません。


しかし、これはごく自然の姿。自分や相手を責める前に、まずは気分転換(旅行に行くなど)をしてみましょう。


引用元-【高齢でも妊娠できる?】 – 35歳からの高齢出産

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ