読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

ハワイ便の飛行機は揺れやすいってホント?揺れたら激しかった!

      2016/12/15

ハワイ便の飛行機は揺れやすいってホント?揺れたら激しかった!

海外旅行先として人気のハワイですが、ハワイ便は飛行機が揺れることが多いって有名だそうです。

実際、揺れるのは時期や天候が大きく関係しているそうですが、なぜ揺れるのでしょうか?

飛行機の揺れが怖い人は日系航空会社を選び客室乗務員さんに注目すると良いそうです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

ハワイに行く飛行機は揺れやすい?

今年ゴールデンウィーク前に行った時はあまり揺れませんでした。
でもホノルルマラソンに参加するのに行った時は帰りかなり上下に揺れました。気持ち悪くなっちゃいました。
乗客全員がちょっと不安になるくらいの揺れでおさまった時は安堵からか拍手がちらほら起きるぐらいでした。
引用元-ハワイに行く飛行機は揺れやすい? : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ひどく揺れたのは1回だけですね。
日本→ハワイ便で、ハワイが近づいた頃に、気流が悪くて揺れました。

何時間か続いたので、機内は青くなっている人がいて、揺れて危ないせいか、機内食サービスは「後ほどお配りします」「後ほど」「後ほど」の繰り返しで、結局最後まで出ませんでした。

急降下みたいなのはなく、小さな揺れが続く感じだったので、私はあまり気になりませんでしたが、同行者は気分が悪そうで、ホテルに着いてからは横になってましたね。私はすぐ仕事でした(苦笑)

私は飛行機嫌いですが(その割に海外出張が多い・泣)、ハワイ便は楽な方だと思います。あまり心配する必要ないですよ。
引用元-ハワイに行く飛行機は揺れやすい? : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

もうずいぶん前ですがハワイに行くときに乱気流で大変な思いしました。

私は日本-北米ルートは何度も利用してますが、ハワイのときほど揺れたことはないです。

どれくらい揺れたかというと、食事を運ぶカートが倒れました。
もちろん食事の時間だったのでコーヒーもこぼれるし「これはヤバい」と心配しましたよ。

時期にもよるかもですね。

私が行ったのは夏でした。
引用元-ハワイに行く飛行機は揺れやすい? : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

揺れが心配ならハワイまでの飛行機は日系の航空会社を選択しよう

「どうしても飛行機の揺れが不安だ」と言う人は、ハワイまでの飛行機はJALかANAの日系の航空会社を選んだ方が、不安を少なくすることができます。その理由ですが、日系の航空会社では、フライト中の揺れが予想される場合、日本語でアナウンスがあるからです。
そのアナウンスは、たとえば、搭乗し出発前のタイミングでのCAからのアナウンスや離陸後の機長からの挨拶などです。そのなかで、「途中ところどころ揺れが予想されます」のように説明があるわけです。また、フライト中も、「これから揺れそう」と言うタイミングで日本語のアナウンスがある場合が多く、安心できます。
これが日系以外の航空会社の場合は、揺れの予想に関して、日系の航空会社ほど気配りがありません。またそのようなアナウンスがあったとしても基本は英語になります。そして日本語でのアナウンスは、たまたまその便に日本語ができるスタッフがいて手が空いている場合と考えていた方がよいです。
つまり、日系以外の航空会社では、日本語での揺れ予想のアナウンスに期待できないと考えていた方が無難です。
なので、飛行機の揺れが心配な人は、日系の航空会社を選んだ方が安心なわけです。
引用元-ハワイ旅行の飛行機は揺れる?飛行機の揺れの不安を少なくする方法 | はじめてのハワイ旅行

ハワイ便の飛行機が揺れる理由は?

ホノルルまでの飛行ルートもジェット気流の影響を考慮して毎日のように変わっているそうです。
また、偏西風(ジェット気流)が強い時には、揺れも激しくなることもあります(ガタガタと細かい揺れで、フリーフォールのような揺れは少ないと思います。一番怖いのは夏の積乱雲)。
なお、座席ベルト着用のサインが消えていても、飛行中は常に座席ベルト着用するのが今では常識になっていますよ。

ハワイ線でも長時間、狭い座席に座っていなければなりません。とくに冬の復路は10時間近くかかったりしますので、エコノミークラス症候群が心配になります。
エコノミークラス症候群とは、飛行機の座席に長時間座っていることで、足の静脈に血栓ができる症状です。
ゆったりとした服装をして、適度な水分補給を心がけましょう
また、ずっと同じ姿勢でいることがよくないので、ときどき歩いたり足を動かしたりして足に血がたまらないようにすることも大切です。
引用元-飛行機のことを知ろう その1 ハワイの風 ~Ka Makani O Hawai’i~

飛行機が揺れる理由は2つだった

上空で飛行機が揺れる理由は大きく分けると二つしかありません。
ひとつは操縦による揺れです。

しかし、私たち旅客機のパイロットは、お客さまの「快適性」に十分配慮して操縦していますので、ほとんどの不快な揺れの原因は、もうひとつの理由である「気流の乱れ」によるものと言えるでしょう。

自動車で道路を走っているとき、道路が舗装されていなかったり、路面に凸凹があったりすると揺れますよね。
飛行機もそれと同じです。
飛行機の道路である空の大気(気流)に乱れがあるから揺れてしまうのです。

ちょっとだけ専門的な話になりますが、「強い乱気流」はおおむね以下の6つに分類されます。
【1】積乱雲中の乱気流
【2】山岳派による乱気流
【3】晴天乱気流(CAT)
【4】前線面上の乱気流
【5】人工の乱気流
【6】低高度の乱気流

一般的に、雲の中や雲のすぐ近くを飛ぶときには揺れることがあります。
引用元-JAL – 旅コラム(JAL旅プラスなび)

飛行機が揺れて不安だったら・・・

乗客は乱気流であわてる必要はない

CAは十分な飛行経験があるので、乱気流に巻き込まれて怪我をする可能性はあっても、めったにないとわかっている。アンガーさんは、ベルトをしっかりと締めて乗り切るようにアドバイスする。「乱気流は、車でいえばデコボコ道を走っているようなものです。シートベルトを締めていれば安全です」

しかし、CAが座っていたら必ず座ること

とはいえ、アンガーさんは、飛行機の揺れで怪我をする可能性があるどうかを知るために確実な方法は、乗務員を見ることだという。CAは軽度の揺れのときには頻繁に客室を動き回る。しかし、緊迫した事態が起きているとわかった時には、彼らは座っているからだ。
引用元-キャビンアテンダントが暴露したくなる飛行機9つの秘密

客室乗務員はあなたの不安を鎮めることができる

CAは揺れや傾き、そしておかしな音が発生したとき、航空機に何が起きているのかだいたい分かる。影響のない一時的な乱気流なのか、着陸するときに機器がきしむ音がいつもどおりの動きなのかを把握している。そしてCAは、乗客が尋ねても丁寧に教えてくれる。「もし不安なら、CAに尋ねてください」とアンガーさんは言う。「私は喜んでお話します。そうすればあなたは自分が1人ではないとわかるでしょう」
引用元-キャビンアテンダントが暴露したくなる飛行機9つの秘密

 - 雑学

ページ
上部へ