読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

男性の未練や後悔は仕方ない!?男性が未練を残す心理について

      2016/12/01

男性の未練や後悔は仕方ない!?男性が未練を残す心理について

男性のほうが未練や後悔を残しやすいのはいったいなぜ?

そもそも、その感情はDNAに組み込まれている!?未練や後悔してしまう理由とはいったいどんなものなのでしょうか?

気になる男の未練や後悔について紹介いたします!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

no image
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

no image
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

no image
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

no image
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

no image
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

no image
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

no image
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

no image
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

no image
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

no image
【男性必見】彼女の母親に会う時に気を付ける事!

男性のみなさんは、彼女の母親に会う時に心がけている事はありま...

no image
小麦色の肌の男はモテる!?色白男性が日焼けする方法を調査

色白なことをコンプレックスに思っている男性は多いそうです。 ...

1699ef674da1db77a0454898e2a888bb_s
足の爪にある黒いモノに注意!それって皮膚ガンかもしれない!

「メラノーマ」あまり聞いたことがない名前ですよね!足の爪や足...

b31eaf0baaf6d27256283d1ef3976843_s
子供の怪我。指を切る怪我をした時の対処法!

もし子供が怪我したら慌てしまい何をしたらいいの?パニックにな...

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_s
共働きの子育ては子供が愛情不足になる?そうならない為の注意点

共働きだと子供が愛情不足になる?それってホント? 近頃...

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s
メールが苦手な人必見!メールが苦手な理由と克服する方法

メールが苦手なのを克服したいとお悩みの方はいませんか? ...

55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s
お通夜等に参列する時に適した子供の服装マナーについて紹介!

子供が着ていくお通夜・お葬式に適した服装選びのポイントは? ...

616350
就活に失敗!?安易な気持ちで大学院に進学すると後悔する

大学生が就活に失敗すると大学院進学することも選択肢の1つに思...

256089
彼女が他の男を電話するのは許せない!浮気かどうかをチェック!

彼女が男友達と電話してる・・・彼氏のあなたは許せますか? ...

626664
赤ちゃんの唇が切れた…乾燥が原因の場合とケガの場合の対処法!

赤ちゃんの唇が切れた…どうしたらいい? 乾燥して切れた...

スポンサーリンク

男が未練や後悔を引きずる原因とは?

深く傷つけてしまったから

過去に自分の拙い(つたない)行動がきっかけで別れてしまった女性のことを男性は忘れることが出来ません。

どうやって傷つけたか?
引用元-忘れられない女・男が過去の未練をいつまでも引きずる理由 – ガールズSlism

・自分がだらしがなくて迷惑をかけた
・つい出来心で浮気した

もし自分がもっと精神的にしっかりしていて大人だったら、彼女に愛想を尽かされ逃げられることはなかったという後悔がつきまとうのです。

男性は『自分がこの女を幸せにしてやる』という意識の強い人が多いので、「幸せにしてやれなかった女」を忘れられなくなります。

忘れられない理由
・自分が原因でフラれたから

自分以外のことが原因で別れを迎えたのなら、そっちを攻撃することで気が済むのですが、決定的な別れの原因をつくったのが自分自身の不甲斐なさなので、悔しさなどを過去に離れていった女性へ向けるしか、心を落ち着ける方法がないのです。
引用元-忘れられない女・男が過去の未練をいつまでも引きずる理由 – ガールズSlism

男が未練や後悔タラタラなのはDNAのせい!?

女は次の恋へ進みやすいが、男は戸惑う

永遠の愛……と口走るのは女性の方が多い気がしますが、実際は違います。ロマンチストなのはむしろ男性の方。統計的にみても、失恋に関しては、女性よりも男性の方が絶望感を味わうことが圧倒的です。熟年離婚で短命になるのは男性ですが、寿命が延びるのは女性です。

かつての恋人に未練を持ってしまい、ストーカー化しやすいのも男性です。これは、心理学的に言えば、自分の遺伝子を残さねばならないという本能を男性が抱いているからです。女性をキープしておけば、その分、自分の子供を生ませられる可能性が高くなります。

未練というものは、まさにDNAが成せるワザなのです。

失恋で前を向けなければ、後ろを見れば良い!

「失恋には新しい恋が有効」とはよく聞きますが、筆者はその方法に関しては懐疑的です。過去の恋の思い出がネガティブなものだったり、思い出そのものが薄れてきている場合に限って、新しい恋愛を探すもの良いかもしれません。

しかし、まだ失恋の痛手が残っているようなら話は違います。せっかく愛した記憶を、早々に葬ると、心にムリが生じますよね。それなら、失恋の感情としっかり向き合ったり、彼女と知り合う前の自分が夢中になっていた趣味などを思い出して、またやってみると意外な発見がありますよ。
引用元-未練たらたらの男が失恋の痛手から立ち直る方法 | 恋愛jp

男の未練や後悔がよみがえる時とは?

【1】自分とつきあっていたときよりキレイになっていたとき

「自分とつきあっていた頃よりやせてキレイになっていた。なぜふったんだろうと思った」(20代男性)と、キレイになった元カノを見て、原石を見抜けなかった自分に落胆するようです。ダイエットに励んだり、メイクの仕方を研究することで、元彼に別れたことを後悔させられるかもしれません。

【2】ファッションセンスに磨きがかかっていたとき

「自分だと輝かせられなかったから」(10代男性)という声も。自分と一緒にいるときに磨かれなかったということに、「自分がダサかったのでは…」と嫌気がさすよう。雑誌などを見て、ファッションセンスを研究すると、元彼を見返すことができるでしょう。

【3】昔はアホそうだったのに、上品になっていたとき

「一緒にいても恥ずかしくない女性として、もう一度つきあってみたくなる」(20代男性)と、女性として成長したことに興味を抱くようです。マナー本などを見て、一般常識を改めて勉強し、しぐさも女らしくなると、「いい女になった」と見直してくれそうです。

【4】元カノの笑顔を見たとき

「今まであの笑顔に癒されていたんだなぁと痛感した」(30代男性)とのように、見慣れていた笑顔をひさしぶりに見たときにも後悔するようです。元彼と会ったときは、なるべく笑顔でいるようにすると、「惜しいことしたな」と思ってくれるかもしれません。
引用元-元カノと別れたことを後悔する瞬間8パターン | オトメスゴレン

男に未練があってもこんな別れ方をしていると復縁は難しい!

納得できず怒りをあらわにキレる

男は不器用なもので、突然の理解できない、納得の出来ない事態に感情的になってしまう事があります。

彼女に「別れたい…」と言われて、納得できず感情的になってしまった場合、さらに険悪なムードになります。

納得できないと言う事は、よりを戻したい、考え直してほしいということですが、キレたりする行動は真逆にいってしまいます。

彼女からすれば、

「やっぱり別れて正解だ…」
「こんな怖い人だったなんて…」

「二度とかかわりたくない…」

と、感じるはずです。
こうなってしまっては、後で後悔しても遅く、関係修復は絶望的になってします。

ポイント

こういう失敗をしてしまう男性は、付き合っているときから亭主関白肌の場合が多いです。

泣きながら縋る

愛する人に突然振られてしまったのなら、男泣きしてしまう気持ちもわかります。

ただ、女々しく泣きながら

「もう二度としないから…」
「最後に一度だけチャンスがほしい…」

「おねがいだから考え直してほしい…」

と縋っても意味がありません。
彼女だって、理由があり悩みぬいた末に別れを切り出したはず。

そんな時に、「悪い部分は直すから」と言われても、信じられるはずもありません。

それどころか、縋るだけでは、彼女に

「なんだか、面倒なことになりそう…」

「ストーカーっぽくなるんじゃないか…」

「やっぱ別れを選んでよかった…」

と、思われます。

これでは、よりを戻すどころではなく、完全に巨いをとられてしまいます。

ポイント

こういう泣き縋る行動をする男性の多くは、付き合っていた時に、子供のような考え、幼稚な性格をしています。
引用元-過去の恋愛を引きずる男は約6割!失恋直後の男の失敗談とは? | 元カノとの復縁方法

未練や後悔してしまうのは現在の状況による!?

新しい恋人とうまくいっていない

振ったあとに新しくできた恋人とうまくいっていない場合、「別れたのが間違いだった」「もっと大切にしておけばよかった」そうして後悔してしまうことが少なくありません。

どんなに酷い理由があって「もう無理!」と匙を投げてしまったのだとしても、後から冷静になって対処法が見つかることは珍しくないはずです。

しかし後の祭り、自分はもう新しい恋に踏み出してしまってやり直すこともできない、しかも新しい恋人との関係も思い描いていた幸せなものでなければ、別れの選択への後悔を余計に強めてしまいます。

今が満たされているはずなら、過去の恋愛なんて後悔しないはずなのです。
引用元-振った側なのに未練を感じて後悔する理由9つ – J4U

別れてみて初めて相手の大切さに気づく

これは非常によくあるパターンなのですが、別れてみてから相手の大切さに気がつくということがあります。

これは振られた時にも自分が降った時にも同じように感じる気持ちだと言えるでしょう。

なので自分から振ったにも関わらず、その後で相手の大切さを改めて感じ大きな後悔を感じてしまうことが少なくありません。

また自分から振ってしまった手前、なかなかまた自分からよりを戻しにくいということが言えるでしょう。

そういったことも相まって、より未練であったり後悔を深めてしまうようなことは少なくないと考えられるでしょう。
引用元-振った側なのに未練を感じて後悔する理由9つ – J4U

 - 恋愛

ページ
上部へ