読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

顔にできる脂肪の白いものはいったい何?対処方法と予防方法

      2016/12/01

顔にできる脂肪の白いものはいったい何?対処方法と予防方法

顔に脂肪のような白いできもの・・・。これって放っておけば自然に治る?

もし診てもらうなら何科に行けばいいのでしょうか?白いポツポツができてしまう原因とは?

どんなことで予防できるの?気になる顔にできる脂肪の白いものについてご紹介!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

65a5ee83ad0eb8c0cb5d7a6c791b5e67_s
一人暮らしは実家の近くだとなにかと都合がいい!

一人暮らしをしてみたい!けど家はどこに借りれば?実家の近くに...

417fc35b72445124f5432adc3b5ff18b_s
パートでも産休は認められている!扶養であっても大丈夫!

正社員と違い、夫の扶養内でのパート勤めでは産休なんか取れない...

cbbbe09d8f86105a52899312d1bd4174_s
ハローワーク以外にも相談する場所はある!脱・ニートを目指そう

脱・ニートを心に決めてハローワークに相談しようと勇気を出して...

a60a0490e19d0ed78fed16c05adc0ffd_s
二重顎なんて言わせない!リンパマッサージで小顔美人♪

顎のラインで顔の印象が変わりますよね? お手軽なリンパ...

c851009243bd3c3aae2c6998b45fc0a8_s
憧れの横浜!一人暮らしするなら地域の治安情報を集めよう!

横浜で一人暮らし、というと便利でおしゃれなイメージを持ちます...

b915f559b4dcb8999bf73c36b13394f8_s
ロキソニンは胃潰瘍の原因になってしまう?正しい飲み方について

ロキソニンが胃潰瘍の原因になりかねないのを知っていますか!?...

ab6f7bf14ce87f9dcf111a6e4ace69b3_s
ブリの切り身は洗うと臭みがとれるの?下処理は大事!

ブリ大根を作る時、ブリの切り身をしっかり下処理していますか?...

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
バツイチ女性で子持ち…恋愛は?魅力を感じる年下の男性が多数!

バツイチの女性で子持ち…やはり子供がいると恋愛は難しいのかな...

5681202bce2a1b48a9bac672339c675b_s
トイレのタオルの交換時期は決めている?交換テクニックをご紹介

トイレ等のタオルの交換頻度はどのくらいでしますか?家庭によっ...

04d0fd90647807c8b329b722c03bf4ee_s
もう嫌だ!ジョギングをしても体重が減らない原因とは

手軽に誰でも始められることで人気があるジョギングダイエットで...

d422357449db7e6259e13e512fa64413_s
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_s
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

9681136e33a72fe699cdce7e5e85d462_s
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

イラスト縦
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

足あと 1
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

574071
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

065985
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

557343
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

727240b05fd6cd52bc94537afea19647_s
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

スポンサーリンク

顔の脂肪のような白いもの・・・これって何!?

正体は稗粒腫(はいりゅうしゅ)

白いポツポツは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」と考えられます。
稗粒腫は、主に目の周囲に生じる直径1~2mm以内の袋で、中には角質が入っていて、白色の小さな粒のように見えます。

皮膚の浅い所にできた小さな角質の塊で、「脂肪の塊」という表現する場合もあります。
良性腫瘍なので特に心配はありませんが、やはり顔にできるポツポツはいやですね。

その稗粒腫の原因や治療法をおさえておきましょう。

原因

毛穴の奥にある毛包(もうほう)という袋や、皮脂をつくる腺の未発達なものに角質がたまって生じます。
体質的なものも関係し、比較的若い女性に多いようです。
甘いものや脂っこいものとか過剰にとったりすると、ポツポツと出てくるということもあります。

症状

目の周りにできるのが特徴で、白ニキビと間違えられることも多いようです。
しかしニキビと違って、炎症をおこしているわけではないので急いで治療する必要はないです。
ほおっておいてしばらくすると自然に治りますが、稗粒腫の数が増えることはあります。
引用元-目の下の白いポツポツの正体&治す方法 | 美肌マニアの美容情報

顔の脂肪の白いポツポツの対処方法とは?

まずは外部からのアプローチケア方法についてです。

角質ケアを怠ってきたことによる蓄積と、加齢が進んできたということが原因であれば、この原因に対し、まずは対策をしていかなくてはいけませんね。

まずは、

1,適切な角質ケアをする (古くなり固くなった角質を柔らかくしてあげる)

2,お肌の加齢エイジングケア(アンチエイジング)対策

を考えていきましょう。

古くなり固くなった角質を柔らかくするためには、単純に潤いを与えるものだけでは足りません。

しっかりと固く厚くなった角質を柔らかくする成分が配合されているものを使ってケアする必要があります。

では、何の成分が角質を柔らかくしてくれるのでしょうか?

それは、

・あんず
・ハトムギ

のエキスです。

最近、特に「角質を柔らかくしてくれる成分」として注目されているんですよ ^^

これらのエキスが配合されているものを使ってケアをすれば、固くなった角質へのアプローチが期待できますよね。

まずは、こういった成分が配合されているものを使って外部からのアプローチをして、角質を柔らかくしていくための対策をしていくのが良いでしょう。
引用元-顔に白いブツブツが・・・これは脂肪?原因は何?治す方法は? | 元気なカラダ

顔の脂肪っぽい白いできものはどうしたらいい?

美容皮膚科でなら取って頂けると思います。
どういった状態か分かりませんが一度行って聞いてみてはどうでしょうか。
体質だと言われると思いますが脂肪の生え際(?)から取って貰えると思うので、取って貰えば何年間かは出来ないと思いますよ。
専用器具を使えばあっというまに取れるという話もありますが、そういうことの詳細は美容皮膚科で聞いてみて下さい。
私は以前、顔に白い脂肪では無いと思うのですが出来物が出来て、美容皮膚科へ行き相談しました。
すると「塗り薬を塗れば治るでしょう」とのことです。
疲れやストレスが原因となったのでは無いか?と言われました。
色々多忙で大変だったので・・・。
出来た時は丁度疲れがたまってきていたのかもしれません。
引用元-顔に出来る白い脂肪は皮膚科で取ってもらえますか? – 1年に一回位は必ず顔に白… – Yahoo!知恵袋

私もなったことがありますが治すには手術が必要になります。。。

ただ、私の場合は一度病院に行って投薬してもらい、
それでも治らなければ手術といわれたのですが、
忙しくてそれ以来病院に行くことができず放置していたら治りました。。。
(普通は放置して治ることはないそうです)

手術は麻酔をするので痛みは全くないはずです。
引用元-弟の目の下に脂肪の塊?みたいな白い粒々ができました。皮膚… – Yahoo!知恵袋

顔の脂肪の白い塊は何科に行けばいい?

稗粒腫の取り方はいくつかありますが、自己流で取ってしまうという人が最も多いようです。
リスクを避けたい、自分で行なうことに抵抗がある場合の取り方として、皮膚科や形成外科で治療をするという方法もあります。

皮膚科で取って貰っていても、ニキビ跡のような跡が残ります。そして、かなり細かい作業ですので器用な皮膚科医に当たらないと傷口がかなり目立ってしまうことがあります。

角質粒は老化現象の一種で、いわば肌に老廃物が出てたまってしまった状態といえます。
角質粒は紫外線の影響もあり、紫外線対策を怠っているとできやすい傾向にあるようです。
そして角質の異常によって角質粒ができ始めます。

顔のしこりが粉瘤であった場合、外科的手術により、袋状の?胞を取り出さない限り何度でも再発します。
場合によっては腹膜炎やリンパ管炎など他の病気を引き起こしてしまうこともあるため、きちんと医療機関で治療することが大切です。

顔にできた脂肪の塊は、おそらく稗粒腫(ヒリュウシュ)か粉瘤と思われます。
保険診療の範囲ですので皮膚科に受診しましょう。
引用元-顔にできた脂肪の塊 除去の方法は?

顔の脂肪のような白いものができないようにするには?

①蒸しタオルケア
皮脂が溜まってしまう事が原因なので、蒸しタオルで目を蒸すケアをしていると、出来にくいと言われています。
皮膚科医推薦する方法なので、面倒くさがらずに毎日行ってみましょう。

②角質ケアが出来るスキンケアも目の周りに使う
角質ケアが出来るスキンケアを付けると、余分な皮脂や角質が溜まりづらくなるので、オススメです。
レチノールの化粧品を使うと、ターンオーバーを促す事が出来るので、オススメです。
その際は、目にスキンケアが入らないようにしましょう。

③肌荒れに効果を発揮する漢方薬を摂取

イボや肌荒れに効果を発揮してくれる漢方薬は、白いボツボツ予防に効果を発揮してくれます。
ヨクイニン末等はドラッグストアやネットショップでも取り扱っていますので、気軽に摂取する事が出来ます。
ヨクイニンはハトムギなので、飲みやすいですよ。

④目の周りの汚れをしっかり落とす
目の周りは、なかなか汚れが落ちにくいパーツです。
その為、その汚れによって白いボツボツを育ててしまいます。
メイクをしっかり落とすように、毎日の洗顔に力を入れましょう。
メイク落とし忘れた~なんていうのは、言語道断です。
引用元-目の周りの白いボツボツは何故出来る?4つのポイントでボツボツ防止!

 - 美容

ページ
上部へ