読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

目の周りにできた白いポツポツは、脂肪のかたまりだった!?

      2016/11/29

目の周りにできた白いポツポツは、脂肪のかたまりだった!?

目の周りに出来た白いポツポツ。

目立つところにできるので女性としては気になりますよね。

普通のニキビとはちょっと違う感じだけど、これって何なの?

病院へは行ったほうがいいの?

それは脂肪のかたまりかもしれません。

症状の説明やアドバイスをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

no image
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

no image
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

no image
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

no image
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

no image
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

no image
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

no image
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

no image
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

no image
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

no image
【男性必見】彼女の母親に会う時に気を付ける事!

男性のみなさんは、彼女の母親に会う時に心がけている事はありま...

no image
小麦色の肌の男はモテる!?色白男性が日焼けする方法を調査

色白なことをコンプレックスに思っている男性は多いそうです。 ...

1699ef674da1db77a0454898e2a888bb_s
足の爪にある黒いモノに注意!それって皮膚ガンかもしれない!

「メラノーマ」あまり聞いたことがない名前ですよね!足の爪や足...

b31eaf0baaf6d27256283d1ef3976843_s
子供の怪我。指を切る怪我をした時の対処法!

もし子供が怪我したら慌てしまい何をしたらいいの?パニックにな...

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_s
共働きの子育ては子供が愛情不足になる?そうならない為の注意点

共働きだと子供が愛情不足になる?それってホント? 近頃...

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s
メールが苦手な人必見!メールが苦手な理由と克服する方法

メールが苦手なのを克服したいとお悩みの方はいませんか? ...

55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s
お通夜等に参列する時に適した子供の服装マナーについて紹介!

子供が着ていくお通夜・お葬式に適した服装選びのポイントは? ...

616350
就活に失敗!?安易な気持ちで大学院に進学すると後悔する

大学生が就活に失敗すると大学院進学することも選択肢の1つに思...

256089
彼女が他の男を電話するのは許せない!浮気かどうかをチェック!

彼女が男友達と電話してる・・・彼氏のあなたは許せますか? ...

626664
赤ちゃんの唇が切れた…乾燥が原因の場合とケガの場合の対処法!

赤ちゃんの唇が切れた…どうしたらいい? 乾燥して切れた...

スポンサーリンク

目の周りの白いポツポツは「稗粒腫」と言う脂肪のかたまり

稗粒腫とは、毛穴が皮脂によってふさがっている状態のニキビのことで、炎症を起こす前の軽いものです。これは、毛穴や汗の管の中に角質の塊がつまってできたもので、皮膚や身体に害を及ぼすことはないし、スキンケアによって悪化することもありません。
出来る場所は、目の周りなどの皮脂分泌が非常に少ない部分。
この辺りは一般的にニキビができない場所ですが、目の回りから頬骨の辺りにできる白いプツプツがあったら、それが稗粒腫です。

稗粒腫が出来る原因は、にきびなどで毛穴が傷んだ後、表皮が袋状になって治った場合できるとも言われてます。また火傷のあとにできることもあるとも言われていますが、現在専門的な研究がほとんどなく、できる原因や予防についてはよく解らないそうです。
稗粒腫は、数年かけて角質が少しずつ溜まり、あるとき、中のかたまりが限界に達して外に押し出されると、肌がきれいに平らになるのですが、新しく次々にできる為、常に目の周りに小さな白いプツプツがあるという状態になってしまうそうです。

赤ちゃんなどはすぐ治るそうですが、オトナになると自然治癒は難しく、皮膚科か形成外科にて除去してもらうのがベストです。

じぶんで針で指して穴を開けて取る・・・とかはしないでください。
誤って目を刺したら危険ですし、ばい菌が入って炎症を起こすことも多くあります。
気になるようであれば保険も使えるので、病院に行ってみてください。
引用元-小さな脂肪の塊が・・・ お悩み相談室-ドクターシーラボ公式通販

目の周りの脂肪のかたまり、まずは医師に相談しよう

まず、医師の診察を

体に今までにはなかったこぶを見つけたら、自分で判断せずに医師の診察を受けましょう。皮膚科や形成外科で受診できます。脂肪腫は、ほとんどは診察だけで診断できます。

しかし、触感が違ったり、できている場所によっては、他の腫瘍の可能性もあり、詳しい検査が必要な場合もあります。脂肪腫か他の腫瘍か、その判断は医師にしかできません。

また、比較的大きい場合(5cm以上)や短期間で大きくなる場合は悪性腫瘍の恐れもあります。まずは専門医の診察を受け、経過を観察することをおすすめします。

脂肪腫の治療は?

脂肪腫のほとんどは良性です。がんになる心配もありません。比較的小さく痛みもなければ、治療せず経過を観察するだけになります。

しかし、腫瘍なので少しずつ大きくなっていきます。できた場所と大きさによっては、じゃまになったり、目立つようになることもあります。

また、脂肪腫の予防法はなく、大きくなるのを止めることもできないのです。脂肪腫の唯一の治療法は手術などで外科的に取り除くしかありません。吸引して摘出する方法もありますが、手術の方が一般的です。皮膚科などの専門医にかかり、経過をみながら、手術するかどうか相談しましょう。

引用元-知らないと怖い、脂肪腫の原因と正しい対処の方法とは? – さよならコンプレックス!

目の周りの脂肪のかたまり、ハト麦でゆるやかに治す

★自分で外科的処置★

いろいろ調べていると、「自分でやっちゃった」という方も多いですね。その際は、針を使ってえぐりだす…という。
もちろん、針を火で炙って、消毒して…とかなり原始的です。
コワイですよね。せっかくキレイになりたいのに、危険ですからお勧めしません。

問題は、何度も出てくるということ。
年齢が上がってくると出るという人、甘いもの脂っこいものが好きな人に出やすいとか、はたまた体質ということもあります。

引用元-目の下の白いポツポツ「稗粒腫」を自力で治す方法 【NO NAME】|OKWAVE Guide【OKWAVE ガイド】

美肌の漢方薬でゆるやかに消滅

イボ、腫瘍、ニキビとかって、東洋医学的には「塊」ができやすくなっている状態なんだそうです。余計なモノを排出してくれる漢方薬、生薬があるのです。

名前は「ヨクイニン」、つまりハト麦です。

美肌の漢方薬としても有名ですから、聞いたことのある方もいると思います。
ヨクイニンは手ごろかつ、入手しやすいのでお勧めです。
漢方薬局にはたいてい置いてあります。エキスの顆粒、粉末状タイプなどありますが、もっとも手ごろなのは粉末のものです。
500gで2000円くらいでしょうか。たっぷり入っています。
引用元-目の下の白いポツポツ「稗粒腫」を自力で治す方法 【NO NAME】|OKWAVE Guide【OKWAVE ガイド】

予防には「落とすケア」をしっかり行うこと!?

目尻に、白いプツっとした粒ができていたのです。

大げさな・・・と思われるかもしれませんが、「これは病院行きだわ」とすぐに思い当りました。

稗粒腫(はいりゅうしゅ)といわれるもので、毛包(毛穴の奥)や未発達な皮脂腺(皮脂を作る袋)に、角質が袋状に溜まったもの。
なので、主に、目元など皮脂が少ない部位にできやすいです。出口はなく、いわば良性の腫瘍みたいなものですね。

医学的にも原因は不明らしいのですが、(皮膚を削り取るような手術後にできる「続発性稗粒腫」というもあります)

私の考えでは、予防として、角質ケアを含む「落とすケア」をしっかり行うことと、ターンオーバーを促すレチノール配合の化粧品を塗ること、だと思います。

両方のケアを行っている私が何故なったか?を考えると、私の場合、目尻のくぼみが結構大きいんです。
この「くぼみ」にはアイメイクの汚れがたまりやすく、気を付けてはいたのですが・・・

ここのところ、夜の予定がぎっしり入ってしまい、ついついおろそかになってしまっていたと思います。
ということで、反省しきり・・・

さて、この稗粒腫。乳幼児の場合は自然に治ることがありますが、大人の場合、治らないといわれています。
引用元-ノーメイクの治療後です~稗粒腫について | Megu Beauty 咲丘 恵美のビューティブログ

目の下に出来る「汗管腫」(かんかんしゅ)

「汗管腫」(かんかんしゅ)ってなに?

目の下にぶつぶつとできる「汗管腫」は、汗を出す管である汗管が増殖してできたもので皮膚と同じ色か褐色をした小型で扁平に隆起した発疹です。
サイズは直径1~5mm程度で、思春期以降に女性に多くみられる症状です。

悪性のものではないので、放置していても問題はありませんが、年齢とともに次第に数が増加して形も大きくなるので注意が必要です。
といってもサイズは最大で5mm程度にとどまります。

「汗管腫」は自己ケアできる?治療法は?

「汗管腫」も遺伝的傾向も指摘されていますが、なぜ発生するのかの原因はわかっていません。
良性で害はないものといっても、目のまわりに目立つ比較的大きなぷつぷつがあるとメイクやスキンケアのたびに気になりますし、見た目もあまりよくないのでどうにかしたいと思うのは当然のことです。
ですが、「汗管腫」も「稗粒腫」と同様の理由で、自己ケアは厳禁です。

「汗管腫」を取り除くには、専門機関で病変部を熱で壊す炭酸ガスレーザーを使った治療法があります。
盛り上がった箇所にレーザーをあてて行うのですが、治療後どのような痕が残るかわからないので一度に全部を行うことはできない上に、保険適用外なのでコストもかかります。

しかし、「汗管腫」にもヨクイニンは効果があると言われているので、お悩みの方はお試ししてみると良いでしょう。
引用元-目のまわりにできるプツプツ・ブツブツ・イボの原因や改善法 | キレイになりたい!

 - 健康

ページ
上部へ