読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

心配な子供の骨折!原因・治療・手術の心配な解消法!

      2016/11/17

心配な子供の骨折!原因・治療・手術の心配な解消法!

子供が骨折!病院ではどんな検査や治療をするの?手術が必要になる場合ってどんな時?
子供に多い上腕骨顆上骨折ってどんな症状?完治するまでにはどのくらかかる?

そんな心配のお悩みを調べ、まとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

no image
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

no image
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

no image
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

no image
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

no image
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

no image
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

no image
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

no image
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

no image
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

no image
【男性必見】彼女の母親に会う時に気を付ける事!

男性のみなさんは、彼女の母親に会う時に心がけている事はありま...

no image
小麦色の肌の男はモテる!?色白男性が日焼けする方法を調査

色白なことをコンプレックスに思っている男性は多いそうです。 ...

1699ef674da1db77a0454898e2a888bb_s
足の爪にある黒いモノに注意!それって皮膚ガンかもしれない!

「メラノーマ」あまり聞いたことがない名前ですよね!足の爪や足...

b31eaf0baaf6d27256283d1ef3976843_s
子供の怪我。指を切る怪我をした時の対処法!

もし子供が怪我したら慌てしまい何をしたらいいの?パニックにな...

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_s
共働きの子育ては子供が愛情不足になる?そうならない為の注意点

共働きだと子供が愛情不足になる?それってホント? 近頃...

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s
メールが苦手な人必見!メールが苦手な理由と克服する方法

メールが苦手なのを克服したいとお悩みの方はいませんか? ...

55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s
お通夜等に参列する時に適した子供の服装マナーについて紹介!

子供が着ていくお通夜・お葬式に適した服装選びのポイントは? ...

616350
就活に失敗!?安易な気持ちで大学院に進学すると後悔する

大学生が就活に失敗すると大学院進学することも選択肢の1つに思...

256089
彼女が他の男を電話するのは許せない!浮気かどうかをチェック!

彼女が男友達と電話してる・・・彼氏のあなたは許せますか? ...

626664
赤ちゃんの唇が切れた…乾燥が原因の場合とケガの場合の対処法!

赤ちゃんの唇が切れた…どうしたらいい? 乾燥して切れた...

スポンサーリンク

子供の骨折はどんな症状? 手術が必要な場合はどんな時?

骨折の症状

骨折では折れた骨が骨膜に当たり、痛みが強くなります。
・関節に近い部分なら動かすことができない
・少しでも動かすと痛みがある、または動かすと泣く
・その部分の腫れや赤み、触ると痛みがある
・手足、指などの変形
などです。小さい子どもはあまり痛いと言ってくれないので、動かすと泣く、腫れている、右と左と形が違っているなどを見てあげましょう。

骨折の検査

骨はX線検査で白く写りますので、黒い線が入っていると骨折です
できるだけ怪我をした時の状態でX線検査を行います。いくつかの方向から撮影します。腫れている部分だけでなく、できるだけ範囲を広くして、骨折した部分をチェックします。

骨折の治療

基本的には、骨がくっつくまで、変形を起こさないように、固定をします。場所によって治療方法が異なってきますが、ギプスや包帯を使って固定します。しかし、開放骨折といって、傷が開いている場合、神経や血管まで損傷している場合は、外科的な手術が必要になります。
引用元-子どもの骨折の原因・症状・対処法 【子供の病気】 All About

手術も必要になるかもしれない?子供の骨折に多いのはどの部位?

上腕骨の顆上骨折とは、肘の関節の上腕骨側の骨折で、もともと肘の関節の構造は滑車のような形をしており、前腕の尺骨がその滑車に噛み合うことで肘の曲げ伸ばしができる構造となっているようです。その滑車部分はくびれがありその部分が上腕骨の顆上と呼ばれています。
その細くなっている部分は外力に弱く、転んだ時や高いところから落ちて手をついたときなどに骨折しやすいと言われています。

この上腕骨顆上骨折は、子供に多い骨折だと言われています。子供の場合、骨の強度という意味からも大人より弱いため、骨折しやすいようです。上腕骨顆上骨折は子供の肘関節の骨折のうち約60%をしめると言われており、頻度の高いもののようです。
引用元-子供に多い上腕骨顆上骨折とは?合併症や手術方法・注意点など詳しく解説!|WELQ 【ウェルク】

子供の場合、うんていや鉄棒などの高い所から転んで手をいたり、転んだ際に手をつくなどの行為で骨折することが多いと言われています。大人の場合も同様に、交通事故や労働災害、高所からの転落などで手をついて捻る、もしくは直接肘を強打するなどの際に起こると言われています。また近年はスノーボードなどでの受賞も増えているようです。

症状としては、肘の関節の肘鉄と俗に呼ばれる部分などを押さえると痛みを訴えることが多いようです。また、肘を中心に強い腫れと皮下出血が現れると言われています。
引用元-子供に多い上腕骨顆上骨折とは?合併症や手術方法・注意点など詳しく解説!|WELQ 【ウェルク】

子供の骨折は治りが早いの?手術後の経過が心配

いつ抜くかは経過をみてからになります。骨のつきは個人差がありますので。
7歳でしたらまあ3週間で仮骨が写真で確認出来る事も多いでしょう。
4週ではしっかり見える事も十分考えられます。
子供って本当に早いんですよね、5週目という判断は普通だと思います。
後は経過により多少のズレはあるでしょう。
×で止めている顆上骨折という事はキルシュナー鋼線が入っているのだと想像しました。
抜く時に折れたりする事はまずありません、そういう状態ではないという判断が出来たから抜くんです。
抜くという事はしっかり仮骨も出来ているでしょうから後でズレたりはしません。
抜いた後しばらくは無理は出来ないでしょうけど日常生活の注意点は主治医に確認すればいいと思います。
追記
手術はベテランの先生が行っているでしょう、3ヵ月ではまだメスを握らせては貰えないでしょうから。
X線写真も必ず診て判断されていると思われます、抜くのは簡単に出来ますのでその若い先生が行うかもしれませんが心配はありません。
子供の生命力って凄いですよ、大人じゃその期間では抜けないですからね。
これぐらいの子供でこの骨折ならこれぐらいX線写真でつけばOKだという事を現場でそうやって若い先生も経験していく訳です
引用元-7歳の子どもが上腕骨顆上骨折で手術しました。4週後仮骨ができ… – Yahoo!知恵袋

子供が骨折した時、完治までどのくらいかかる?

子供は大人と違い、骨膜が丈夫で厚く、骨の中に空洞があり柔軟性が高く、回復が早いと言われています。

しかし、最低でもギブスが取れるまで短くても約2週間~6週間ほどはかかります。ギブスが取れたからといって完治ではありません。これは骨が硬化するまでの期間であって、その後機能を回復させるため、徐々にリハビリを開始し、完治までは更にギブスをはめていた期間と同じくらいのリハビリ期間があり、完治までは4週間~12週間くらいかかります。

ですが、これはあくまでも目安で、骨折した部位や状態などによっても変わり、手術をした際などはもっと完治までに時間がかかる場合もあります。
・うちの子の場合は、ギブスが外れるまでに1か月。その後、なかなか言う事をきいてくれずリハビリがうまく進まず、完全に元通りになるまで2か月ちょっとかかりました。

治りが遅い原因は?

治りが遅い原因として考えられるのは、うまく整復位が保たれていなかったり、血行不良が考えられます。その他、骨折部に筋膜や筋肉、あるいは他の組織が入り込んでいたりして治りがおくれることもあります。

また、小さい子の場合はうまくリハビリができなかったり、甘えてしまって自ら骨折した箇所を動かそうとしなかったり、回復が遅れる場合もあります。
引用元-子供が骨折!リハビリの内容は?完治までどれくらい? | ママのきもち

骨折した時には、リハビリによる治療法が1番効果的

リハビリが大切な理由
骨折患部を長期間動かさないでいるために、固定を外すころには筋肉の重量が減り、細くなっています(筋肉の委縮)。
また、関節も固定していた場合は、固まって動きが悪くなっています(関節の拘縮)。
リハビリは、このような状態から筋肉や関節を回復させ、もとの機能を取り戻すためのものです。
ギブスで固定中であっても、骨折部の安静を保ちながら、それ以外の部分は早期から動かすリハビリによって、骨折部の血行もよくなり、骨の癒合が促されます。
特に高齢者の場合は早期からリハビリを行うことが重要です。

ギプス固定中のリハビリ
腕や脚の骨折では、ベッドの上にいるときから動かせる範囲で指などの運動を行います。
手指のグーパー運動、足首の曲げ伸ばしなどが代表的な運動です。
骨折した部位の周辺は、炎症による腫れと、固定して動かせないためにむくみやすいのですが、手や足の指を動かすだけでも腕全体、脚全体の血行がよくなってむくみの改善につながります。
このほかにベッドの上で行える運動もあります。
医師、看護師、理学療法士の指導を受けて正しいリハビリを行いましょう。
引用元-リハビリテーション – “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」

 - 病気・薬

ページ
上部へ