読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

白血病の初期症状~口内炎の原因と症状とは

      2016/11/09

白血病の初期症状~口内炎の原因と症状とは

白血病の初期症状で口内炎ができるということをご存知でしょうか?

では、この口内炎ですがどのような症状だと白血病を疑ったら良いのでしょうか?

そこで白血病の初期症状の口内炎の原因と症状についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

アクリルとウールのマフラーでは洗濯方法が違うので気をつけまし...

no image
ロキソニンは風邪で熱が出た時でも飲んで良い?驚きの効果とは

辛い頭痛や生理痛の際に役立つロキソニン。常備薬として鞄に忍ば...

no image
メール無視!ママ友が無視をする理由と対処法

ママ友からメールを無視されるようになったとき、あなたならどう...

no image
風邪で病院に通っていても治らない時の対処ついて

風邪が治らなく長引く時は病院を変えるべきなのか? 風邪...

no image
足のサイズが大きいことによってどんな弊害があるのか

女子で足のサイズが大きいけど、好きな靴を履きたい! ス...

no image
離れた県外へ就職するためのポイントや注意点をまとめてみました

県外への就職活動における注意点とは? 県外への転職を目...

no image
旦那が子供を溺愛すると妻の嫉妬だけじゃない!子供への影響も

旦那が子供を溺愛しすぎた結果、嫉妬する妻や旦那への気持ちが冷...

no image
大学の専攻の意味とは?大学の専攻の選び方について紹介します

大学の専攻とはいったいどんな意味なのでしょうか? 大学...

no image
IHクッキングヒーターで揚げ物をすると焦げる問題

IHクッキングヒーターで揚げ物を揚げるのってちょっとしたコツ...

no image
目の中に違和感を感じ瞬きしたら痛い時に考えられる病気と原因

目を瞬きしたらなんだか違和感を感じる・・・そんな時はどんなこ...

no image
【男性必見】彼女の母親に会う時に気を付ける事!

男性のみなさんは、彼女の母親に会う時に心がけている事はありま...

no image
小麦色の肌の男はモテる!?色白男性が日焼けする方法を調査

色白なことをコンプレックスに思っている男性は多いそうです。 ...

1699ef674da1db77a0454898e2a888bb_s
足の爪にある黒いモノに注意!それって皮膚ガンかもしれない!

「メラノーマ」あまり聞いたことがない名前ですよね!足の爪や足...

b31eaf0baaf6d27256283d1ef3976843_s
子供の怪我。指を切る怪我をした時の対処法!

もし子供が怪我したら慌てしまい何をしたらいいの?パニックにな...

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_s
共働きの子育ては子供が愛情不足になる?そうならない為の注意点

共働きだと子供が愛情不足になる?それってホント? 近頃...

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s
メールが苦手な人必見!メールが苦手な理由と克服する方法

メールが苦手なのを克服したいとお悩みの方はいませんか? ...

55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s
お通夜等に参列する時に適した子供の服装マナーについて紹介!

子供が着ていくお通夜・お葬式に適した服装選びのポイントは? ...

616350
就活に失敗!?安易な気持ちで大学院に進学すると後悔する

大学生が就活に失敗すると大学院進学することも選択肢の1つに思...

256089
彼女が他の男を電話するのは許せない!浮気かどうかをチェック!

彼女が男友達と電話してる・・・彼氏のあなたは許せますか? ...

626664
赤ちゃんの唇が切れた…乾燥が原因の場合とケガの場合の対処法!

赤ちゃんの唇が切れた…どうしたらいい? 乾燥して切れた...

スポンサーリンク

白血病の初期症状【口内炎が繰り返しできて痛みを伴う?】

口内炎とはただ単に「口の中にできた炎症」という意味で、はっきりとした定義はありません。誰もが一度はかかったことのある白くて痛い口内炎はアフタ性口内炎と呼ばれています。

口内炎は、1週間から10日ほどで自然に良くなるものであれば問題ありませんが、長く続いたり次第に広がっていったりするようであれば、他の病気を疑う必要があります。

白血病が治療の副作用として、口内炎が出来てしまうことが多いです。
抗がん剤、放射線治療がその原因なのですが、結局のところ放射線治療により体の免疫力が低下し、口の中の粘膜が弱ってしまい、すぐに口内炎の原因菌に侵されてしまうことになります。

こういった病気になると、体の免疫力が低下するため、体内に潜んでいたウィルスが増加して口内炎を発症させてしまいます。同じ場所に複数の口内炎が繰り返しできるような場合は要注意です。

ガンの一種である白血病では、初期症状で口内炎ができることがあります。その他にも、尿毒症や潰瘍性大腸炎、クローン病など、さまざまな疾患が原因で口内炎は起こります。

ヘルペスなどウイルスの感染によるウイルス性口内炎では、同時に幾つものアフタが周辺に出来、微熱が出るのが特徴なので、この可能性は無いようですね。注意が必要なのはベーチェット病の初期症状の可能性です。

引用元-白血病の初期症状【口内炎が繰り返しできて痛みを伴う?】

白血病の初期症状の口内炎の症状とは

白血病の口内炎の症状とは

白血病の初期症状には口内炎があり、これは白血球が減る事によって免疫力も弱くなり、感染症を起こす事で、口内炎の症状が現れます。

その他に赤血球の減少による全身に酸素や栄養が渡らず、白血病で口内炎の症状が引き起こってしまいます。

それだけではなく、白血病の治療の際に使われる抗ガン剤が原因です。

抗ガン剤の副作用で口内炎が現れると分かっており、抗ガン剤の投与から7~10日で口内炎の副作用が現れると分かっており、口の中に細菌が多い場合は悪化しやすいです。

基本的に強い抗がん剤を受けた場合は、80%の確率で口の中の副作用が現れます。

また白血病の治療に使う抗ガン剤で口内炎になった場合は、50%の方が重症の口内炎になるとされているので、注意しましょう。

基本的に抗がん剤で粘膜障害を引き起こすのが大きな原因で、30~40%の確率で口内炎を起こすようです。
引用元-白血病の症状であざ?貧血や口内炎の原因とは | 自然の暮らし

白血病の初期症状の口内炎は免疫力の低下が原因

慢性骨髄性の場合は、自覚症状や初期症状がわかりにくく、初期段階で気がつく人はごく少数と言われています。
症状には全身のだるさと体重の減少があげられます。

忙しい毎日の中で見過ごされがちな症状がこの病気のサインと言えます。
慢性骨髄性は必ず数年後に急性へと移行することがわかっています。

慢性リンパ性の場合、リンパの腫れが初期症状として現れますが、痛みを感じないため気づかないことが多いのが特徴です。
慢性骨髄性は急性へと移行するスピードが速いのに比べ、慢性リンパ性はゆっくりと変化していきます。

まずリンパの腫れが起こり、免疫力の低下により発熱を繰り返します。
その後は食欲不振から体重も減少傾向になります。

全ての白血病に共通する初期症状に口内炎があります。
これは、白血球の減少により免疫力が低下することが原因です。

免疫の働きが弱くなると様々な感染症を引き起こします。
口内炎や発熱、下痢が頻繁に起こるのはこのためです。

白血病の治療には抗がん剤を用いた化学療法を行います。
白血病細胞を死滅させることで、正常な血液細胞を増やすことを目的とします。
かつては不治の病とも呼ばれましたが、医学の進歩により今では完治が可能な病気と考えられています。
引用元-その口内炎!白血病の初期症状かも?

白血病の症状~こんな症状には要注意!

白血病の発見は体のケアから

白血病には急性の場合と慢性の場合があり、急性の場合には当然ながら「病気が早く進む」ため、症状がはっきり出やすいという側面があります。

血液に不調がでれば、赤血球、白血球、血小板といったそれぞれの働きにも支障が出ますので、貧血や出血(血が止まらない)や病気にかかりやすいといった症状が出ます。

慢性の場合では、自覚症状として、全身倦怠感、体重減少、腹部膨満感、寝汗などが挙げられますが、こうした症状の困りどころは単に「なんか体調が良くない」という程度の認識で見過ごされやすい点にあります。

そして、現代日本ではまだまだちょっとした体の不調では病院に行ったり休んだりするよりも仕事や学校へ行く、という無理をする選択肢がとられがちです。確かにちょっとした風邪や体調不良に過ぎないかもしれません。しかし、重病かもしれません。

こうしたことを考えると、ちょっとした体調不良に見えることであっても、我慢をするよりも病院へ行って診てもらうという方が長期的には賢いことが分かります。

たった一日二日無理をして体調不良のまま仕事をしても、能率は低いし、成果も上がらないでしょう。

いろいろと調べてもらった結果、白血病でなかったとしても体の不調が更年期障害やうつ病といった病気から引き起こされている可能性もあります。体の不調は見逃してはなりません。
引用元-白血病の症状~こんな症状には要注意~

口内炎の種類について

口内炎の種類

口内炎は口の中(口腔粘膜)や舌にできるいろいろな原因による炎症性びらんや水ほう、潰瘍性病変などの総称と考えることができますその多くはアフタ性口内炎ですが、カタル性口内炎、ウィルス性口内炎、カビによる口内炎、アレルギーによる口内炎、ニコチン性口内炎などが種類としてはあげられます。

アフタ性口内炎

最も一般的な口内炎で、白くくぼんだ潰瘍ができるタイプの口内炎です。10日前後で自然に治りますが、繰り返してできることがあり再発性アフタ性口内炎と呼ばれます。
かぜをひいたとき、体調が悪いときや過労が重なったとき、暴飲暴食した後、胃の調子が悪いときにしばしば起こりますが、特に原因が分からずに起こることもあります。口の粘膜をかんだ後に起こる口内炎は、傷に細菌やウィルスが感染して起こってきたものです。

カタル性口内炎

口腔粘膜のただれともいえる口内炎で、赤く炎症を起こしたり、ざらざらとあれてきたり、白くただれることもあります。アフタ性口内炎のようにはっきりとした境界はありません。高齢者でむし歯や歯槽膿漏、義歯の不具合などが原因で口の中の衛生状態が悪くなったときに起こりやすくなります。
ビタミン不足などが原因のこともあります。また指しゃぶりなどが原因で、幼児にもみられることがあります。

カタル性口内炎では潰瘍はできないため痛みはそれほど強くありませんが、ただれのために食欲がなくなり、味覚も落ちてしまいます。
引用元-口内炎 | 大人の病気・症状 – 町医者の家庭の医学

 - 病気・薬

ページ
上部へ