読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

教習所でなんども技能を復習する!うまくできなくて焦らない!

      2017/01/12

教習所でなんども技能を復習する!うまくできなくて焦らない!

教習所に通い始めてしばらくは技能講習で緊張することも多いでしょう。

何度も復習してるのに頭が真っ白になってコースが見えない?落ち着いて!

教官がいてくれます。今はミスすることも学ぶこと!教習所へ通所中のあなたを応援します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

教習所で技能を復習。指導員が間違ってることもあるってホント?

過去に自動車教習所で教習を行って来た私はいろんな指導員の指導も見てきました。

そんな中で「これは違うだろう!」と明らかにいえる指導方法もありました。

例えば、カーブの走行でどうしても中央線によってしまう教習生がいた場合の指導です。

「車が中央線に寄りすぎているから、もっと良く中央線をにてご覧!」という助言です。貴方は、このアドバイスをどう感じますか?

全く間違いとは言えませんが、この助言通りに中央線を見つめても修正は難しいでしょう。

自動車の運転でも自転車の運転でも同じですが運転者が1つのモノを見つめると、そこへ寄って行くのです。

人間の習性として左を見れば左に右を見れば右に寄って行くのです。

ですので、「中央線をしっかり見ろ!」では上手くいかないのは当然です。

左側車線の全体を見て通行する経路を描く事が必要です。

運転席から見るカーブは走行する幅が狭く見えます。

でも実際は広いことを知る事で中央線ばかり見つめることが減ります。

「中央線をしっかり見ないから上手くいかない」という指導員も実際に自分が運転するときは、中央線だけを見つめていません。

道路全体を見ながら通行する経路をイメージしています。

教習所ではこのような伝え方の間違いが結構多くあるのです。
引用元-元教官がこっそり教える自動車学校裏話

教官に好印象を持たれると教習所の技能復習時にメリットがあるかも

廊下で教官とすれ違うときは挨拶をする。

挨拶をされて気分を害する人はいませんよね。学校でも会社でも人と出会ったら挨拶はするものです。でも教習所では知らん顔?それはもったいないです。

「おはようございます」が言えたら最高ですが、軽く会釈をするだけでもOK!自分以外挨拶をする教習生なんていませんから、顔を覚えてもらえるかもしれませんよ。

技能教習は予鈴がなった瞬間から始まる

技能教習が始まるとき時、教官が「24番~」と配車番号を言いながら、事務所から外に出てきますよね。その時教習車の前でぼーっと突っ立っているのはNG。手を上げて「はい!24番です!!」と答えましょう。

そして原簿を渡すと同時に「よろしくお願いします!」とご挨拶。自分が気分よく教習を受けたいなら、教官にも気分よく仕事を始めていただくようにしたいですね。

技能教習が終わったらきちんと〆よう

終わりよければすべてよし。技能教習が終わると車内でハンコを押されて原簿を返されますよね。その時もしっかり「ありがとうございました!」と感謝の意を伝えたいですね。

教官が助手席に座っているお陰で、未熟な教習生が路上を運転できるのです。補助ブレーキを踏んでくれたり、危険なポイントを教えてれたり、ハンドルを取ってくれたり…。ありがたい。ありがたい。
引用元-教習所を1ヶ月半で卒業した私が心がけていた成功のポイント・心象編 | YouStyle

教習所でなかなかうまくいかない。技能は焦らずじっくり復習

結局のところ、比べる必要はない、人と競争している訳ではない。
自分が一人で乗れるようになる為の練習だと気持ちを切り替えましたよ。
基本講習では終わらず、補習をうけました。第一段階で21回乗りましたよ。
うちの学校は、年齢によって定められた回数を超えると必要補習料金を一度払えば乗り放題だった。
補習を受ける事が最初は恥ずかしかったのですが、自分が一人で今後運転することを考えるとそんな幼稚な考えが馬鹿らしくなってきて考えるのを止めました。先生たち、1回5000縁で乗ってるんですよ。(笑)

21回乗ったお陰で、素敵な指導員と出会えたお陰で、修了検定100点でした。
点数は、先生から内緒で教えてもらいました。

不安はあるでしょうが、それさえも受け止めて、人と比べず地道に頑張ってみてください。
もし、相談事があるようでしたら先生に相談して話せる人をみつけることです。

私は4人の先生を見つける事が出来ました。
入校して2カ月以内で免許取得できました。
引用元-教習所に通っています。学科四回、技能二回受けて、まだ始めたばかり… – Yahoo!知恵袋

教習所の講習中にミス!それも技能を身につけるため

乗り上げても「今のは車の構造を知るのにいい」と、そこで説明をしてくれました。ミスしても叱られないのは前の教官と同じですが、S教官は悪いところはきちんと指摘して、その上で丁寧に辛抱強く正しい運転操作について教えてくれました。その指導態度はすごく良いな~と感じました。

頭ごなしに叱られるのも嫌ですが、生徒からの評価を気にして言わないんじゃあ、自動車学校の教官として本末転倒な気がしますから。

穏やかで誠実そうな人柄で、私も安心できて、前回と比べると随分リラックスして運転することが出来ました。なんだかくまさんにそっと包まれているような安心感で(*・v・*)車を運転する恐怖感が薄れました。また、そのせいか、前回よりずっと上手くできました。

今回は内周を回ったのですが、外周との違いはカーブまでの距離(直線)が短く、すぐカーブへの準備をしなければならないくらいで、大した違いはないように感じました。(本来は、内周=直角・交差点・一時停止・外周への合流等をするので難易度が上がりますが、今回はしなかったので)

S教官に「このまま苦手なところの復習をしますか?それとも先に進めそうですか?」と聞かれたので、先に進んでもらうようお願いしました。
引用元-普通車運転免許とれるかな~技能2回目: とりあえず、押してみる

教習所のコースで緊張して周りが見えない!落ち着いて安全運転!

教官が「コースを外れて1番と書かれている場所の停止線で止まって下さい。」と言われたので、左にウインカーを出しコースを外れて1番の停止線でブレーキ!
教官に「いまのをどう思いますか?」と聞かれたので「そうですね、少しスピードが速かったかもしれません。」と私。
「その通りですね、ここを20キロで入る人はなかなかいません。」と教官が苦笑い。
教官が「では外に出て下さい」と言われたので、シートベルトを外し車の外に出てみると、1番の停止線ギリギリで止まったはずが、車の先端が1メートル以上停止線から離れている・・・車に乗ると見え方がだいぶ違う、教官が言うには車に乗って車両感覚をつかむしかないとのこと。

この後また外周を車でまわり、「スピードを5キロ維持で走ってみてください。」と教官。
そういえば今までスピードメーターなど見ていないで走行していた。
スピードメーターを見ながら走行・・・
これが難しい、スピードメーターを見ながらアクセルを踏みブレーキを掛けハンドルを回す・・・
「外とメーターをチラチラと交互に見るんですよ!」と教官。
できない、スピードメーターに目がいってしまい周りが見えない。
何回もセンターラインをこえてしまいました。
教官いわく、スピードは指定された速度より、出し過ぎないより出し過ぎたほうが点数が大幅に引かれるとのこと。
最初は理屈っぽい教官と思っていましたが、丁寧で優しい教官でした。
引用元-車両感覚がつかめない~スピードメーターも見る余裕が無い

 - 未分類

ページ
上部へ