読めば読むほど気になる記事だらけのブログ

よむほど

弁護士の年収は個人事務所によっても格差アリ?その実態を調査!

      2017/01/12

弁護士の年収は個人事務所によっても格差アリ?その実態を調査!

ドラマでもよく取り上げられている「弁護士」。花形の職業で弁護士の年収って気になりますよね。

新人弁護士ってまずは個人事務所に所属となるの?年収ってどのくらいなの?地域によっても格差ってあるの?

個人事務所で働く弁護士の実情と年収について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

094600
お風呂のカビは冷水で予防できる?カビ対策!

毎日入るお風呂。いつの間にかカビが生えていることはありません...

547044
ステンレスの磨きには紙やすりで!効果的な使い方とは

掃除をしていてステンレスを磨きたい場合、紙やすりを試してみま...

133100
赤ちゃんの中耳炎は怖い!?ひどいときは入院や手術も

赤ちゃんは風邪から中耳炎になることも多く、急な高熱で解ること...

201980
流産の手術で失敗することは?流産手術の注意点!

流産の手術をする時、失敗しないか不安に感じることと思います。...

648420
立ち上げたpc画面が黒いまま動いてくれない!まず試してみる!

いつも使っているpcが立ち上げた途端に画面が真っ暗。黒い画面...

601039
ステンレスのピアスはアレルギーでも大丈夫?ピアスの選び方

ステンレスのピアスであれば、金属アレルギーでもつけることがで...

212840
高校の剣道部に必要な練習メニュ-とは?強豪校を覗いてみた!

日本を代表する武道の一つである「剣道」。高校の剣道部ともなる...

新黒板
ドッキリネタを紹介!クラスて協力して先生に仕掛けちゃえ!

いつもは厳しい先生にドッキリネタで騙したらどんな反応をする?...

629211
子猫が離乳食をなかなか食べない時の対処法

子猫がそろそろ離乳食の時期なのに食べないでお困りの飼い主さん...

450954
【豆知識】道路の白線の長さや間隔について詳しく教えます!

毎日何気なく通っている道路。その道路の白線の長さについて考え...

665632
こんな親に困っています!幼稚園の先生の本音を発表

幼稚園とは子供の為にも良好な関係を築いていたいですよね。 ...

654307
金魚が産卵した場合に無精卵か有精卵かを見分ける方法!

金魚が産卵した卵には有精卵と無精卵があります。 金魚が...

311607
風疹のワクチンを使うかどうか。その危険性について考える

風疹ワクチンに関しては、その副作用の危険性と、逆に使用せず感...

659159
離乳食のバナナ・・もしかして食べ過ぎ?適量やあげる時期とは?

離乳食のバナナを喜んで食べるこども・・・もしかしてこれって食...

051412
陸上100mで早く走るためのフォームとは?ポイントを解説!

陸上100mを早く走るために必要な要素はいくつかありますが、...

127490
野球の帽子は洗濯機にいれちゃダメ?正しい洗い方を教えます!

少年野球や草野球で使った帽子、あなたはどうやって洗っています...

309654
風邪のウイルスっていつまで生き続けるのでしょう…

風邪のウイルスっていつまで生き続けるの? 私の身体から...

656376
ニューエラのサイズを大きくする方法は?の疑問を解決!

デザインや色・柄の豊富さから人気のあるニューエラですが、買っ...

664285
【保育園準備】子供の洋服を選ぶ際に気を付けたいポイント

子供を保育園に預けることになった場合、ママにとっても初めての...

441242
部屋の中にまで聞こえる騒音に悩んだら防音対策は窓にしよう

部屋にいても外の音が気になる事ってありますよね。外の音はどこ...

スポンサーリンク

個人事務所に居候している弁護士「イソ弁」 の年収はどのくらい?

 イソ弁は従業員的立場であり、年収は事務所から支払われる給料が基本となります。事務所の景気とは関わりなく、毎月決まった固定給が支払われます。
基本的にはボス弁の名前で取ってきた事務所の仕事をするのですが、事務所によってはイソ弁の名前で取ってきた仕事をやることもできます。この場合、報酬の何%かを事務所に入れることになります。若手の弁護士などは、国選弁護事件を自分の名前で取ってきたりすることが多いです。お小遣いのような感覚ですね。

このイソ弁の固定給(※手取り額ではありません)については…
初任給で500万~700万円ぐらいが相場です。
大規模事務所 は初任給で1000万円超ということも。
引用元-弁護士の年収|知らなきゃ損する!弁護士の選び方・使い方blogーLawyers Watchー

 昇給に関しては事務所によって様々ですが、多少は上がるものの大きくは変わりません。むしろ、イソ弁として経験を積み、事務所の仕事の処理に慣れると自分の仕事をする余裕ができるので、自分の名前で取ってきた仕事が増えるのが実質的な昇給となります。
引用元-弁護士の年収|知らなきゃ損する!弁護士の選び方・使い方blogーLawyers Watchー

弁護士の年収は個人事務所がある地域によっても違う?

平均年収:約1106万円(平成26年賃金構造基本統計調査)

各地の求人に掲載されている年収モデルを見てみると、

札幌:中堅法律事務所 年収600万~900万円
東京都:法律事務所 年収1,200万~1,500万円
大阪:大手弁護士事務所 600万万円~1,000万円
福岡:個人法律事務所 500万円~700万円

福岡はあまり求人が多くないイメージでした。

また、法務省の算出している勤続年数による年収になると
1年目:327万円
6年目:765万円
15年目で1,285万円
となっていました。
引用元-弁護士の年収本音や20~65歳の年齢別・役職別・都道府県別年収推移|平均年収.jp

弁護士の生涯年収

弁護士の生涯年収は、上記平均年収から算出すると4億2028万円
※計算:1106万円×38年

給料

83.3万程度

ボーナス等

107万~

本音の年収

口コミで聞いてみたところ実際は700万円以上稼いでいる弁護士が多いようです。
200万円や300万円といった弁護士は本格的に活動をしていない弁護士のようです。
実際にニュースなどであまり稼げないという記事が出ておりましたが営業活動をしない独立開業をした弁護士や弁護士業務よりほかの事をメイン事業にしている弁護士が年収200万円などの 収入が多いそうです。
引用元-弁護士の年収本音や20~65歳の年齢別・役職別・都道府県別年収推移|平均年収.jp

弁護士の年収の実態とは?個人事務所の弁護士でも格差が生じてる?

参加したのは、東北地方の中堅事務所で働くA弁護士(27)、弁護士6年めで事務所の共同経営者であるB弁護士(33)、年収5,000万円で弁護士会幹部を務めたことのあるC弁護士(58)、30代半ばでサラリーマンから転職したというD弁護士(40)、年収400万円の“カツカツ”代表のE弁護士(37)の5人だ。そもそも、同じ弁護士でもどうして“格差”が生まれてしまうのか?

C「やっぱり原因は新人の“就職難”でしょう。従来は司法研修所を修了したらすぐに既存の法律事務所に雇われていた。それが司法制度改革(’01年)による’07年の新司法試験制度で年間300人台だった合格者がいまや1,700人にまで増えてしまった。法律事務所は増えたぶんを吸収することができず、新人があぶれてしまったんだ」

D「新人の年収はだいたい600万円くらいだけど五大事務所なら1,000万円ほど。かなりの格差がある。でも、五大事務所には毎年20人ほど新人が入りますが、兄弁(先輩弁護士)の雑用ばかりなうえ、フリーに等しい雇用契約で毎月の労働時間は300時間を超えるのに残業代もなく、疲弊して数年で半分が辞めていく。肩叩きに遭う奴もいる」

A「僕は15くらい受けて3つ内定もらった。で、今はイソ弁。収入は最初の年で700万円あるといっても、事務所からの給料は80%くらい。あと弁護士会費が非常に高いんだよね……。僕は年60万円くらいだからね。東京はかなり安くて45万円。食えない若手には配慮して減免されてる」
引用元-リアル堺雅人…現役弁護士「勝ち組と負け組の境界線」 – 女性自身[光文社女性週刊誌]

今の時代は弁護士の収入だけで食べていけない人もいる?

 「弁護士食えない説」が浮上してきたのは、この2-3年。「弁護士 食えない」で検索してみると、「5人に1人が生活保護受給者並みの低所得にあえいでいる」などの情報が出回っていることが分かる。

個人事務所を開設する弁護士の22%が年間所得100万円以下という国税庁の調査結果もある、というが、これは弁護士の「働き方」の事情を考えてみればよくわかる。

弁護士は、法律事務所に属しながら、個人で手がけた案件は「個人事務所」の収入にする、というケースが少なくない。また、主な収入を政治や芸能活動に頼っている弁護士の方々も、よく見かける。おそらく、年間所得100万円以下は個人事務所としての年間収支で、弁護士個人の収支でみるならば「それをメインの収支にはしていない」と考えるのが常識的であろう。

引用元-「ブル弁」「ケー弁」「イソ弁」って?弁護士の年収&稼ぎ最前線 | 10MTVオピニオン

弁護士の働き方が変化しているってホント?

以前であれば、司法試験合格後は弁護士事務所に就職してイソ弁(居候弁護士)として働き、給料を貰いながら経験を積んだ後に独立していくルートが一般的でした。
新人弁護士の就職ルートとしては現在でもイソ弁がメインルートではありますが、新人弁護士の人数が増加した事によって全ての人材を法律事務所側が受け入れることはできなくなっています。
そのため、そこからあぶれた人達は従来にはなかった形で弁護士としての仕事を担当するようになっています。

【イソ弁】
最も一般的な働き方。
弁護士事務所に就職してイソ弁(居候弁護士)として働き、毎月の給料を貰いながら経験を積む。
1年目で年収300万円~。※事務所の規模などにより異なる。
大手の事務所であれば1年目から年収1000万円を超えるところも。

【ノキ弁】
ボスとなる弁護士(ボス弁)の事務所で一緒に働きますが、あまった仕事をまわしてもらい報酬を得る関係で直接的な雇用関係が結ばれているわけではありません。
※イソ弁との違いは毎月決まった給与が出ない。請け負った仕事の報酬のみが自身の給与となる。

【タク弁】
軒先を貸してもらえる法律事務所すら見つからず、やむを得ず自宅を事務所として開業する。
仕事をまわしてもらう関係すらないので経済状況は不安定。

【ケー弁】
自宅すらも事務所にできず、やむを得ず携帯電話一本で営業活動を行い仕事を得る。
引用元-弁護士の年収・給与・ボーナス(賞与)・生涯年収|年収ガイド

 - 未分類

ページ
上部へ